コマンドラインでのサービス操作は、service-control がオススメ

vCenter Server Appliance 6.7 (以下、vCSA) でのサービス停止・起動・再起動方法には、大体以下の 4通りあります。

  • GUI : vSphere Web Client (Flex) を使う
  • GUI : vSphere Client (HTML5) を使う
  • CLI : vCSA の OS 上でコマンドを実行する
  • GUI : Virtual Appliance Management Infrastructure(VAMI) を使う

特に、vCSA 6.7 から VAMI (http://vCSA-FQDN-or-IP:5480) に新しく追加された サービス メニューにて、vCenter Server のサービス操作が可能になりました。

とは言え、vCenter Server がトラブった時・vCenter の Client サービスが異常終了した場合は、Web Client (Flex) / vSphere Client (HTML5) へ接続出来なかったりするので、何かあったときは vCSA の OS へ直接ログインし、コマンドでサービスを操作する必要があります。

コマンドライン上でのサービス操作は、OS (Photon) 自体の systemctl を使っても構いませんが、vCenter Server の各種サービス操作に関しては、専用のコマンド service-control が便利です。

Step 1. vCSA へログイン、及び service-control の Help 確認

まずは、vCSA へコンソールログイン、または SSH ログインし、service-control コマンドで使えるオプションを確認します。

service-control オプション確認
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Command> shell
Shell access is granted to root
 
# service-control --help
usage: service-control [-h] [--start] [--stop] [--restart] [--status] [--list] [--list-services] [--list-dependencies]
                       [--vmon-profile VMON_PROFILE] [--all] [--ignore] [--verbose]
                       ...

Perform operation on VMware services.
By default the services selected are based on current startup profile.
This can be overridden by using --all and --vmon-profile options.

positional arguments:
  services              Services on which to operate

optional arguments:
  -h, --help            show this help message and exit
  --start               Perform start operation on VMware services.
  --stop                Perform stop operation on VMware services.
  --restart             Perform restart operation on a single VMware service.
  --status              Get running status of VMware services.
  --list                List all controllable VMware services. This option will soon be deprecated. Please use --list-services.
  --list-services       Lists all controllable VMware services.
  --list-dependencies   Lists dependencies for a given service.
  --vmon-profile VMON_PROFILE
                        Start/Stop services associated with given profile name.
  --all                 Start/Stop all VMware services i.e. core and the default mgmt services).
  --ignore              Ignore errors. Continue with given operation even if errors occur.
  --verbose             Display detailed information.

--list 非推奨、--list-service 推奨

vCenter Server のサービス一覧を確認するためのオプションとして提供されていた --list は廃止される予定です。

代わりに、--list-services をご利用ください。

Step 2. VMware 関連サービス一覧確認

最初に、全ての VMware 関連サービス リストを確認します。

以下は、vCSA 6.7 インストール直後のサービス一覧ですが、vCSA 6.5 に比べて以下のサービスが新しく追加されました。

  • analytics (VMware Analytics Service)
  • vmware-pod (VMware Patching and Host Management Service)
  • vmware-postgres-archiver (VMware Postgres Archiver)
  • vsan-dps (VMware VSAN Data Protection Service)
VMware 関連サービス一覧確認
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
# service-control --list-services | sort
analytics (VMware Analytics Service)
applmgmt (VMware Appliance Management Service)
cis-license (VMware License Service)
cm (VMware Component Manager)
content-library (VMware Content Library Service)
eam (VMware ESX Agent Manager)
imagebuilder (VMware Image Builder Manager)
lwsmd (Likewise Service Manager)
mbcs (VMware Message Bus Configuration Service)
netdumper (VMware vSphere ESXi Dump Collector)
perfcharts (VMware Performance Charts)
pschealth (VMware Platform Services Controller Health Monitor)
rbd (VMware vSphere Auto Deploy Waiter)
rhttpproxy (VMware HTTP Reverse Proxy)
sca (VMware Service Control Agent)
sps (VMware vSphere Profile-Driven Storage Service)
statsmonitor (VMware Appliance Monitoring Service)
updatemgr (VMware Update Manager)
vapi-endpoint (VMware vAPI Endpoint)
vcha (VMware vCenter High Availability)
vmafdd (VMware Authentication Framework)
vmcad (VMware Certificate Service)
vmcam (VMware vSphere Authentication Proxy)
vmdird (VMware Directory Service)
vmdnsd (VMware Domain Name Service)
vmonapi (VMware Service Lifecycle Manager API)
vmware-pod (VMware Patching and Host Management Service)
vmware-postgres-archiver (VMware Postgres Archiver)
vmware-stsd (VMware Security Token Service)
vmware-sts-idmd (VMware Identity Management Service)
vmware-vmon (VMware Service Lifecycle Manager)
vmware-vpostgres (VMware Postgres)
vpxd-svcs (VMware vCenter-Services)
vpxd (VMware vCenter Server)
vsan-dps (VMware VSAN Data Protection Service)
vsan-health (VMware VSAN Health Service)
vsm (VMware vService Manager)
vsphere-client (VMware vSphere Web Client)
vsphere-ui (VMware vSphere Client)

使用頻度 (再起動する可能性) の高いサービス

使用頻度的には、個人的に以下のサービスが一番高かったです。

  • vsphere-client (VMware vSphere Web Client)
  • vsphere-ui (VMware vSphere Client)
  • vpxd (VMware vCenter Server)

特に、Web Client に関しては、クリックした処理の結果が返ってきて画面に表示される前に、他の操作ボタンをポチポチクリックしたりタイミングが悪いと Web Client で操作できないくらいブラウザが重たくなったりするので、そういった場合には、クライアントサービスを再起動すると解消されます。

仮想マシン・ポートグループなど、新規作成したアイテムが何故かインベントリに出てこない場合は、vCenter Server サービスである vpxd の再起動が有効です。 (恐らくメモリ不足が原因ではないかと)

例 : Web Client サービスの再起動

例として、vSphere Web Client (Flex 版) のサービスである vsphere-client の再起動を実施します。

まずは、従来のやり方で 停止 → 開始 でサービスの再起動を実施します。

VMware vSphere Web Client サービス停止
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
# service-control --status vsphere-client
Running:
 vsphere-client

# service-control --stop vsphere-client
Operation not cancellable. Please wait for it to finish...
Performing stop operation on service vsphere-client...
Successfully stopped service vsphere-client

# service-control --status vsphere-client
Stopped:
 vsphere-client
VMware vSphere Web Client サービス開始
1
2
3
4
5
6
7
8
# service-control --start vsphere-client
Operation not cancellable. Please wait for it to finish...
Performing start operation on service vsphere-client...
Successfully started service vsphere-client

# service-control --status vsphere-client
Running:
 vsphere-client

以下は、新しく追加された --restart オプションを利用したサービス再起動の例です。

--restart オプションで再起動
1
2
3
4
5
6
# service-control --restart vsphere-client
Successfully restarted service vsphere-client

# service-control --status vsphere-client
Running:
 vsphere-client

例 : vCenter Server サービスの再起動

例として、vCenter Server のサービスである vpxd の再起動を実施します。

まずは、従来のやり方で 停止 → 開始 でサービスの再起動を実施します。

VMware vCenter Server サービス停止
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
# service-control --status vpxd
Running:
 vpxd

# service-control --stop vpxd
Operation not cancellable. Please wait for it to finish...
Performing stop operation on service vpxd...
Successfully stopped service vpxd

# service-control --status vpxd
Stopped:
 vpxd
VMware vCenter Server サービス開始
1
2
3
4
5
6
7
8
# service-control --start vpxd
Operation not cancellable. Please wait for it to finish...
Performing start operation on service vpxd...
Successfully started service vpxd

# service-control --status vpxd
Running:
 vpxd

以下は、新しく追加された --restart オプションを利用したサービス再起動の例です。

--restart オプションで再起動
1
2
3
4
5
6
# service-control --restart vpxd
Successfully restarted service vpxd

# service-control --status vpxd
Running:
 vpxd

一応、--restart オプションで簡単に再起動できるようになったものの、--stop--start オプションとは違って処理実行中の詳細メッセージが出てこないため、固まってるように見えて上手く行ってるのかどうか判断することが出来ず、オペレータとしては少し不安な気持ちになるかもしれません。

いずれ改善されるかもしれませんが、ご参考までに。

以上、vCenter Server Appliance 6.7 サービス停止・起動・再起動 (コマンド) でした。