vCSA 6.7 仮想マシンのスペック確認

vCSA 6.7 のインストールが終わったところで、まず一番最初に、仮想マシンのスペックを確認した上で、vCenter へログインできることを確認します。

  • vCSA 6系の OS と DB 比較
  • vCSA 6.7 アプライアンスのスペック確認
  • CPU・メモリのホットプラグはデフォルトで有効状態
  • vCSA 6.7 のディスク構成
  • vSphere Web Client (Flex) へログイン
  • vSphere Client (HTML5) へログイン
  • Vmware Appliance Management Interface (VAMI) へログイン
  • コンソールへログイン
  • vCSA 6.7 の OS へ SSH ログイン

vCSA 6系の OS と DB 比較

参考までに、vCSA 6系の OS と DB は以下の通りです。

バージョンOSDB
vCSA 6.0SUSE Enterprise LinuxvPostgres
vCSA 6.5VMware PhotonvPostgres
vCSA 6.7VMware PhotonvPostgres

vCSA 6.7 アプライアンスのスペック確認

まずは、vCSA 6.7 のデプロイターゲット vCenter Server または、ESXi ホストへログインし、デプロイされた vCSA 6.7 仮想マシン > サマリ (タブ) をクリックし、スペックを確認します。

vCSA 6.7 のデプロイターゲット vCenter Server または、ESXi ホストへログイン → デプロイされた vCSA 6.7 仮想マシン → サマリ (タブ)
項目
CPU4
メモリ16GB
ディスクこの後 別途記載
ゲスト OSOther 3.x or later Linux (64-bit)
互換性ESXi 5.5 以降 (仮想マシン バージョン 10)
VMware Toolsインストール済み

CPU・メモリのホットプラグはデフォルトで有効状態

先ほどの画面で サマリ (タブ) > 設定の編集 または vCSA 6.7 仮想マシン 右クリック > 設定の編集 をクリックし、仮想ハードウェア を見るとオンライン状態でもリソースを増強できる CPU と メモリのホットプラグ が有効になっていることが分かります。

vCSA 6.7 仮想マシン 右クリック → 設定の編集 → 仮想ハードウェア
CPU と メモリのホットプラグ : 有効状態

vCSA 6.7 のディスク構成

仮想ハードディスクは、13個も付いているため、全て (sda ~ sdm) のディスク情報を確認するためには、他のディスクを管理する をクリックします。 (各ディスクのサイズは、デプロイ時のストレージサイズ「デフォルト」の例です)

ディスク情報を確認するには、他のディスクを管理するをクリック

各ハードディスクの構成、及びパーティション情報は以下の通りです。 (OS 上での確認結果、sdb は使用不可領域)

vCSA 6.7 の HDD / パーティション情報
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
# df -hT
Filesystem                               Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs                                 devtmpfs  7.9G     0  7.9G   0% /dev
tmpfs                                    tmpfs     7.9G  656K  7.9G   1% /dev/shm
tmpfs                                    tmpfs     7.9G  704K  7.9G   1% /run
tmpfs                                    tmpfs     7.9G     0  7.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda3                                ext4       11G  5.3G  4.9G  53% /
tmpfs                                    tmpfs     7.9G  1.4M  7.9G   1% /tmp
/dev/sda1                                ext4      120M   28M   84M  25% /boot
/dev/mapper/core_vg-core                 ext4       50G   52M   47G   1% /storage/core
/dev/mapper/log_vg-log                   ext4      9.8G  344M  8.9G   4% /storage/log
/dev/mapper/db_vg-db                     ext4      9.8G  100M  9.1G   2% /storage/db
/dev/mapper/dblog_vg-dblog               ext4       15G   86M   14G   1% /storage/dblog
/dev/mapper/seat_vg-seat                 ext4       25G   76M   24G   1% /storage/seat
/dev/mapper/netdump_vg-netdump           ext4      985M  1.3M  916M   1% /storage/netdump
/dev/mapper/autodeploy_vg-autodeploy     ext4      9.8G   23M  9.2G   1% /storage/autodeploy
/dev/mapper/imagebuilder_vg-imagebuilder ext4      9.8G   23M  9.2G   1% /storage/imagebuilder
/dev/mapper/updatemgr_vg-updatemgr       ext4       99G   69M   94G   1% /storage/updatemgr
/dev/mapper/archive_vg-archive           ext4       50G   85M   47G   1% /storage/archive

# lsblk
NAME                           MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda                              8:0    0   12G  0 disk
├sda1                           8:1    0  128M  0 part /boot
├sda2                           8:2    0    1G  0 part [SWAP]
├sda3                           8:3    0 10.9G  0 part /
└sda4                           8:4    0    3M  0 part
sdb                              8:16   0  1.9G  0 disk
sdc                              8:32   0   25G  0 disk
└swap_vg-swap1                252:0    0   25G  0 lvm  [SWAP]
sdd                              8:48   0   50G  0 disk
└core_vg-core                 252:1    0   50G  0 lvm  /storage/core
sde                              8:64   0   10G  0 disk
└log_vg-log                   252:2    0   10G  0 lvm  /storage/log
sdf                              8:80   0   10G  0 disk
└db_vg-db                     252:3    0   10G  0 lvm  /storage/db
sdg                              8:96   0   15G  0 disk
└dblog_vg-dblog               252:4    0   15G  0 lvm  /storage/dblog
sdh                              8:112  0   25G  0 disk
└seat_vg-seat                 252:5    0   25G  0 lvm  /storage/seat
sdi                              8:128  0    1G  0 disk
└netdump_vg-netdump           252:6    0 1016M  0 lvm  /storage/netdump
sdj                              8:144  0   10G  0 disk
└autodeploy_vg-autodeploy     252:7    0   10G  0 lvm  /storage/autodeploy
sdk                              8:160  0   10G  0 disk
└imagebuilder_vg-imagebuilder 252:8    0   10G  0 lvm  /storage/imagebuilder
sdl                              8:176  0  100G  0 disk
└updatemgr_vg-updatemgr       252:9    0  100G  0 lvm  /storage/updatemgr
sdm                              8:192  0   50G  0 disk
└archive_vg-archive           252:10   0   50G  0 lvm  /storage/archive
sr0                             11:0    1 1024M  0 rom

主なパーティションの役割

  • /storage/coreVPXD プロセスのコアダンプ領域
  • /storage/logvCenter Server と Platform Services Controlle (PSC) のログ格納領域
  • /storage/dbvPostgres DB のデータ・ストレージ領域
  • /storage/dblogvPostgres DB のログ
  • /storage/seatvPostgres の SEAT 領域 (Stats Events Alarms Tasks)
  • /storage/netdumpESXi ダンプを格納する VMware Netdump Collector リポジトリ領域
  • /storage/autodeployESXi ホストのステートレス ブートに使われるパッケージを格納する VMware Auto Deploy リポジトリ領域
  • /storage/imagebuildervSphere イメージ プロファイル、および ドライバ VIB やアップデート VIB といった VIB パッケージを格納する VMware Image Builder リポジトリ領域
  • /storage/updatemgr仮想マシンと ESXi ホストのパッチとアップデートデータが格納される VMware Update Manager (VUM) のリポジトリ領域

ちなみに、vSphere 6.0 から LVM が導入されたため、動的にディスク容量を増やすことが可能です。 (上記の画面上で値を増やしただけで OS 側のキャパシティが動的に拡張されるという意味ではありません - OS 側で追加で拡張コマンドを実行する必要があります)

ディスク名パーティション テーブル / 用途
/dev/sdaDOS/MBR boot sector
/dev/sdbISO 9660 CD-ROM filesystem data
/dev/sdcLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sddLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdeLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdfLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdgLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdhLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdiLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdjLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdkLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdlLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)
/dev/sdmLVM2 (Linux Logical Volume Manager Version2)

vSphere Web Client (Flex) へログイン

まずは、既存の vSphere Web Client (Flex 版) へログインします。

将来、この Web Client は 廃止される予定です。

  • 接続先 : https://vCSA-FQDN-or-IP-Address/vsphere-client/
  • ユーザー名 : administrator@vsphere.localSingle Sign-On ドメイン名が「vsphere.local」の場合
  • パスワード : パスワードを入力
ID / PW を入力し、ログイン

ちなみに、画面一番上にある Launch vSphere Client (HTML5) をクリックすると vSphere Client (HTML5) に切り替わります。

HTML5 への切り替えは、Launch vSphere Client (HTML5) をクリック

vSphere Client (HTML5) へログイン

将来的には vCenter のメイン クライアントとして使われる vSphere Client (HTML5) へログインします。

特に、Web Client (Flex) のように、Flash に依存する必要がないため、様々な環境から vCenter Server へログイン出来るようになります。

また、vSphere 6.7 リリースでほぼ完成に近いクライアントとなっているため、vCenter Server のクライアントとして、このまま使っても大丈夫だと思います。

  • 接続先 : https://vCSA-FQDN-or-IP-Address/ui/
  • ユーザー名 : administrator@vsphere.localSingle Sign-On ドメイン名が「vsphere.local」の場合
  • パスワード : パスワードを入力
ID / PW を入力し、ログイン

左上の vSphere Client をクリックすると ショットカット 画面が表示されます。

ちなみに、vSphere 6.5 オリジナル・リリース時の HTML5 クライアント に比べると使えるメニューが かなり増えていることが分かります。

左上の vSphere Client をクリック

メニュー はこんな感じです。

メニューをクリック

Vmware Appliance Management Interface (VAMI) へログイン

VAMI へログインします。

VAMI では、vCenter Server の健全性確認、及び CPU・メモリ・ディスク・ネットワークの使用状況や、SSH ログイン有効化、NTP 時刻同期 等、簡単な初期設定が可能です。

  • 接続先 : https://vCSA-FQDN-or-IP-Address:5480/
  • ユーザー名 : root
  • パスワード : OS の root ユーザのパスワードを入力
ID / PW を入力し、ログイン

vSphere 6.7 リリースで VAMI のインターフェースが改善され、パフォーマンス向上と共に、メニュー階層がもっと分かりやすくなりました。

特に、新しく追加された サービス メニューを使って、vCenter Server 上で動いている様々なサービスのステータス確認・停止・起動・再起動が簡単にできるようになりました。

また、バックアップ メニューでは、スケジューリング機能に加えて、バックアップの世代管理もできるようになったので、ご興味ある方は 軽く覗いて見てください。

VAMI : ログイン後のサマリ画面

コンソールへログイン

vCSA 6.7 のコンソール (System Customization) へログインします。

まずは、vCSA 6.7 のデプロイターゲット vCenter Server または、ESXi ホストへログインし、デプロイされた vCSA 6.7 仮想マシン (右クリック) > コンソールを開く をクリックします。

デプロイされた vCSA 6.7 仮想マシン (右クリック) → コンソールを開く

コンソール画面が表示されたら F2 を押します。

コンソール画面が表示されたら F2

認証画面が表示されたら ID / PW を入力した上で、Enter を押します。

  • Login Name : root
  • Password : OS の root ユーザのパスワードを入力
ID / PW を入力し、ログイン

コンソール画面上では、root パスワード変更、IP アドレス設定 (IPv4 / IPv6)、DNS 設定、マネージメントネットワーク再起動、SSH 接続有効化、Shell 有効化 等の設定が可能です。

コンソールログイン後の System Customization 画面

コンソール上で Root パスワード変更時の注意点

デフォルト状態だと、ロケール・キーマップ設定が英語レイアウトになっているため、root ユーザのパスワードに特殊文字を入れる場合は、コンソール上でパスワードを設定・変更しないようにご注意ください。

※ 日本語レイアウトに変更する場合は、連載一覧をご確認ください。

vCSA 6.7 の OS へ SSH ログイン

ちなみに、先ほどのコンソール画面上で、Alt + F1Alt + F2System CustomizationOS ログイン画面 間 切り替えが出来るため、OS へのログインはコンソール画面上でも可能です。

この例では、vCenter へログインすることなく、SSH クライアントを使って 直接 vCSA の OS へ ログインします。 (SSH 接続が有効になっている必要があります)

vCSA の SSH 接続有効化

SSH 接続有効化する場合は、vCSA 右クリック > コンソールを開く > Troubleshooting Mode Options > Enable BASH Shell を選択して、SSH 接続を有効にしてください。

または、https://vCSA-FQDN-or-IP:5480 (VAMI) へ接続 > アクセス > 編集 > SSH ログインの有効化 > OK をクリックして、SSH 接続を有効にしてください。

  • SSH クライアント : Tera Term 等
  • 接続先 : vCSA-FQDN-or-IP-Address:22 (22番ポート)
  • ID : root
  • PW : vCSA 6.7 インストール時に設定した root パスワード

ログインに成功すると 以下のようにコマンドプロンプト Command> が表示されるので、この状態で shell コマンドを実行するとシェルプロンプトへ切り替えることが出来ます。

vCSA 6.7 へ SSH ログイン
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
Connected to service

    * List APIs: "help api list"
    * List Plugins: "help pi list"
    * Launch BASH: "shell"

Command> shell
Shell access is granted to root

# cat /etc/photon-release
VMware Photon Linux 1.0
PHOTON_BUILD_NUMBER=62c543d

以上、vCenter Server Appliance 6.7 初めてのログイン でした。