VMware Tools とは

VMware Tools は、VMware が提供する仮想マシンのパフォーマンスを向上させるためのユーティリティです。

VMware Tools を Guest OS にインストールすると VMware Tools サービスが、Guest OS を起動時に開始され、ESX ホストと仮想マシンの Guest OS 間で情報をやり取りできるようになります。

VMware Tools の概要については、以下の KB をご確認ください。

VMware Tools を入れることによって得られる利点

VMware Tools を導入すると以下のような機能が使えるようになります。

  • マウスのパフォーマンス向上
  • ESX ホストと Guest OS 間の時刻同期が可能になる
  • 新しい 仮想 NIC ドライバーが使えるようになる
  • ESX ホストから Guest OS へ命令を出す
  • 仮想マシンの情報提供
  • メモリ・バルーニング
  • 等々

例えば、Guest OS として Linux OS (X Window を含む) をインストールした仮想マシンがあった場合に、現在の作業端末 (Windows) 上で、仮想マシンのコンソール画面を開いた状態で、コンソール画面から抜けるためには、普通は、Ctrl + Alt を同時に押す必要がありますが、VMware Tools を入れると、これらのキーを押さなくても、コンソール上のマウスカーソルをコンソール画面の外 (Windows OS 側) に移動するだけでマウスカーソルがコンソール画面から自動的に抜けるようになります。

また、商用サービス用の仮想マシンの場合、ESX ホストとの時刻同期は、やらないほうが良いが、検証マシンの場合には、仮想マシン設定の編集で、チェックを入れるだけで、手軽に ESX ホストとの時刻同期が出来るようになるので、使い方によっては、便利な機能です。

ネットワーク機能に関しては、VMware Tools を入れないと仮想 NIC が認識されないこともあります。(特に、最新の仮想 NIC ドライバ)

Linux、Solaris、Ubuntu のような Guest OS の場合、仮想マシン 右クリック > 電源 > ゲストの再起動 or ゲストのシャットダウン をクリックすると Guest OS 内で shutdown コマンドが実行されるようになります。

以下のメニューは、VMware Tools が入っているときだけ、選択できるようになります。

VMware Tools : 仮想マシン電源オプション

vSphere SDK for Perl のような API 機能を使って、仮想マシン情報を取得したい場合にも、Guest OS に VMware Tools が入っていないと、取得できない情報が色々あります。

最後に、メモリ・バルーニングについてですが、仮想マシンのメモリは、ESX ホストによって割り当てられます。

ESX ホストの物理メモリが足りなくなった時に、メモリ使用率が低い・暇な仮想マシンのメモリを回収するメモリ管理技術をバルーニングと言います。

バルーンドライバは、VMware Tools に含まれているので、特に問題なければ、そのままで良いと思いますが、逆に仮想マシンのパフォーマンスに影響を及ぼすこともあるみたいなので、気になる方は、以下を参考にしてください。

ちなみに、仮想マシンに VMware Tools はインストールした方が良いですが、ホストとの時刻同期については、少し問題があるため、オススメしません。

VMware Tools インストール

以下の例では、vShpere Client を使って、Linux 系の Guest OS に VMware Tools を導入します。

Step 1. 仮想マシンに VMware Tools マウント

まずは、仮想マシン 右クリック > ゲスト > VMware Tools のインストール/アップグレード をクリックします。

VMware Tools のインストール・アップグレード

Guest OS が実行中でないとインストールできませんというダイアログが表示されます。

Guest OS が実行中(OS がインストール済み)であることを確認してから、OK をクリックします。

VMware Tools : Guest OS 実行中確認ダイアログ

Step 2. VMware Tools インストール

そうすると、Guest OS 内に VMware Tools イメージが挿入された状態になるので、後は、Guest OS の中に入って、CD をマウントしてから作業します。

line86 : open-vm-tools について

Guest OS が、CentOS 7RHEL 7Fedora 19Ubuntu 12.04 LTS のような比較的に新しい OS の場合、VMware Tools は、レガシー扱いされており、VMware Tools よりは、Open VM Tools 導入が推奨されると警告メッセージが表示されます。

ここでは、VMware Tools インストール手順を確認するために、OS バージョンに関しては、無視して VMware Tools インストールを続行しています。

比較的に新しい OS を使っている方は、以下の URL をご確認ください。

KB : VMware による open-vm-tools のサポート (2074713)

VMware Tools インストール
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
040
041
042
043
044
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
058
059
060
061
062
063
064
065
066
067
068
069
070
071
072
073
074
075
076
077
078
079
080
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
VMware Tools マウント / マウント確認
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
# mount /dev/cdrom /mnt
mount: /dev/sr0 is write-protected, mounting read-only

# df -h
Filesystem                     Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/ubuntu14--vg-root   39G  1.2G   35G   4% /
none                           4.0K     0  4.0K   0% /sys/fs/cgroup
udev                           2.0G  4.0K  2.0G   1% /dev
tmpfs                          396M  488K  395M   1% /run
none                           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none                           2.0G     0  2.0G   0% /run/shm
none                           100M     0  100M   0% /run/user
/dev/sda1                      236M   41M  183M  19% /boot
/dev/sr0                        62M   62M     0 100% /mnt

# ls -l /mnt/
total 62903
-r--r--r-- 1 root root 63011927 12月 31  2014 VMwareTools-9.4.11-2400950.tar.gz
-r-xr-xr-x 1 root root     1969 12月 31  2014 manifest.txt
-r-xr-xr-x 1 root root     1850 12月 31  2014 run_upgrader.sh
-r-xr-xr-x 1 root root   693484 12月 31  2014 vmware-tools-upgrader-32
-r-xr-xr-x 1 root root   702400 12月 31  2014 vmware-tools-upgrader-64

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
VMware Tools を作業ディレクトリにコピー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
# cp -p /mnt/VMwareTools-9.4.11-2400950.tar.gz /usr/local/src/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
VMware Tools 解凍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
# cd /usr/local/src/

# ls -l
total 61536
-r--r--r-- 1 root root 63011927 12月 31  2014 VMwareTools-9.4.11-2400950.tar.gz

# tar xvzf VMwareTools*.tar.gz
vmware-tools-distrib/
vmware-tools-distrib/installer/
vmware-tools-distrib/installer/services.sh
vmware-tools-distrib/installer/upstart-job.conf
vmware-tools-distrib/doc/
vmware-tools-distrib/doc/open_source_licenses.txt
vmware-tools-distrib/doc/INSTALL
vmware-tools-distrib/doc/README

・・・

vmware-tools-distrib/lib/plugins32/common/
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/common/libvix.so
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/common/libhgfsServer.so
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/vmusr/
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/vmusr/libdndcp.so
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/vmusr/libunity.so
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/vmusr/libresolutionSet.so
vmware-tools-distrib/lib/plugins32/vmusr/libdesktopEvents.so

# ls -l
total 61540
-r--r--r-- 1 root root 63011927 12月 31  2014 VMwareTools-9.4.11-2400950.tar.gz
drwxr-xr-x 7 root root     4096 12月 31  2014 vmware-tools-distrib

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
VMware Tools インストール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
# cd vmware-tools-distrib

# ls -l
total 480
-rw-r--r--  1 root root 265487 12月 31  2014 FILES
-rw-r--r--  1 root root   2538 12月 31  2014 INSTALL
drwxr-xr-x  2 root root   4096 12月 31  2014 bin
drwxr-xr-x  2 root root   4096 12月 31  2014 doc
drwxr-xr-x  5 root root   4096 12月 31  2014 etc
drwxr-xr-x  2 root root   4096 12月 31  2014 installer
drwxr-xr-x 14 root root   4096 12月 31  2014 lib
-rwxr-xr-x  1 root root 197302 12月 31  2014 vmware-install.pl

# ./vmware-install.pl
open-vm-tools are available from the OS vendor and VMware recommends using
open-vm-tools. See http://kb.vmware.com/kb/2073803 for more information.
Do you still want to proceed with this legacy installer? [no] 【yes】

Creating a new VMware Tools installer database using the tar4 format.

Installing VMware Tools.

In which directory do you want to install the binary files?
[/usr/bin]    #### そのまま Enter

What is the directory that contains the init directories (rc0.d/ to rc6.d/)?
[/etc]        #### そのまま Enter

What is the directory that contains the init scripts?
[/etc/init.d] #### そのまま Enter

In which directory do you want to install the daemon files?
[/usr/sbin]   #### そのまま Enter

In which directory do you want to install the library files?
[/usr/lib/vmware-tools]        #### そのまま Enter

The path "/usr/lib/vmware-tools" does not exist currently. This program is
going to create it, including needed parent directories. Is this what you want?
[yes]         #### そのまま Enter

In which directory do you want to install the documentation files?
[/usr/share/doc/vmware-tools]  #### そのまま Enter

The path "/usr/share/doc/vmware-tools" does not exist currently. This program
is going to create it, including needed parent directories. Is this what you
want? [yes]   #### そのまま Enter

The installation of VMware Tools 9.4.11 build-2400950 for Linux completed
successfully. You can decide to remove this software from your system at any
time by invoking the following command: "/usr/bin/vmware-uninstall-tools.pl".

Before running VMware Tools for the first time, you need to configure it by
invoking the following command: "/usr/bin/vmware-config-tools.pl". Do you want
this program to invoke the command for you now? [yes]   #### そのまま Enter

Initializing...

Making sure services for VMware Tools are stopped.


The module vmci has already been installed on this system by another installer
or package and will not be modified by this installer.

The module vsock has already been installed on this system by another installer
or package and will not be modified by this installer.

The module vmxnet3 has already been installed on this system by another
installer or package and will not be modified by this installer.

The module pvscsi has already been installed on this system by another
installer or package and will not be modified by this installer.

The module vmmemctl has already been installed on this system by another
installer or package and will not be modified by this installer.

The VMware Host-Guest Filesystem allows for shared folders between the host OS
and the guest OS in a Fusion or Workstation virtual environment.  Do you wish
to enable this feature? [no]   #### そのまま Enter

The vmxnet driver is no longer supported on kernels 3.3 and greater. Please
upgrade to a newer virtual NIC. (e.g., vmxnet3 or e1000e)

The vmblock enables dragging or copying files between host and guest in a
Fusion or Workstation virtual environment.  Do you wish to enable this feature?
[no]   #### そのまま Enter

VMware automatic kernel modules enables automatic building and installation of
VMware kernel modules at boot that are not already present. This feature can be

enabled/disabled by re-running vmware-config-tools.pl.

Would you like to enable VMware automatic kernel modules?
[no]   #### そのまま Enter

No X install found.   #### X を導入している場合には、解像度選択メニューが表示されます

Creating a new initrd boot image for the kernel.
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-3.16.0-23-generic
vmware-tools start/running
The configuration of VMware Tools 9.4.11 build-2400950 for Linux for this
running kernel completed successfully.

You must restart your X session before any mouse or graphics changes take
effect.

You can now run VMware Tools by invoking "/usr/bin/vmware-toolbox-cmd" from the
command line.

To enable advanced X features (e.g., guest resolution fit, drag and drop, and
file and text copy/paste), you will need to do one (or more) of the following:
1. Manually start /usr/bin/vmware-user
2. Log out and log back into your desktop session; and,
3. Restart your X session.

Enjoy,

--the VMware team

Found VMware Tools CDROM mounted at /mnt. Ejecting device /dev/sr0 ...

CD-ROM 自動アンマウントについて

VMware Tools が終わると /mnt は、自動的にアンマウントされますが、場合によっては、自動アンマウントされない時もあります。

もし、VMware Tools インストール完了後、上記の line : 189 のようなメッセージが表示されなかった場合には、手動でアンマウント (# umount /mnt) する必要があります。

VMware Tools インストール確認

最後に、VMware Tools のインストールが終わったら、仮想マシンのサマリを確認し、VMware Tools が 実行中 (現在) であることを確認します。

VMware Tools インストール完了 : 実行中

終わりに

Linux 系以外の OS (Solaris、MAC、NetWare、Windows など) については、以下のドキュメントをご確認ください。

VMware Tools は、なるべくインストールした方が良いですが、仮想マシンではなくアプライアンス製品の場合には、VMware によって管理されないツールが動いている場合もあるので (仮想マシンサマリの VMware Tools 項目に表示される)、そういったときには、インストールしない方が良いです。

以上、VMware Tools インストール でした。