VDP 管理ウェブへ接続できない

VDP を運用していると中で動いているバックアップ関連サービスとかスケジュールサービスが突然落ちる (停止状態になってしまう) 場合があります。

その際には、以下のように VDP 管理ウェブページ (構成ユーティリティ) へ接続し、停止 状態のサービスを 開始 することによって問題を改善することが出来ます。

しかし、そもそも VDP 管理ウェブページである https://<VDP の IP>:8543/vdp-configure へ接続するもつながらず、どうすることも出来ない時もあります。

vdp 関連サービスダウン

何らかの原因により、VDP 関連サービスが落ちている状態。 VDP 管理ウェブへの接続を試みるもつながらず、どうすることも出来ない状況。

その際には、一つの案として、VDP のコンソール開く、または VDP へ SSH 接続し、VDP のウェブサービスを再起動することをオススメします。

VDP ウェブサービス再起動

Step 1. VDP OS の中へログイン

以下の記事を参考にし、コンソールを開いてもいいですし、SSH クライアントを使ってログインしても良いです。 まずは、VDP の OS の中へログインしてください。

Step 2. Enterprise Manager Web Application 再起動

普通に VDP ウェブサービスって言いましたが、正式には Enterprise Manager Web Application (以下、管理ウェブアプリケーション) と言うみたいですね。

VDP 管理ウェブアプリケーションの起動・停止・再起動は、emwebapp.sh コマンドで制御できます。

  • 停 止 : emwebapp.sh --stop
  • 起 動 : emwebapp.sh --start
  • 再起動 : emwebapp.sh --restart

通常は、以下のように再起動するだけで良いです。

VDP 管理ウェブアプリケーションを再起動すると java プロセスが再起動されるので、合わせて確認してください。

VDP 管理ウェブアプリケーション再起動
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
# emwebapp.sh --restart
INFO: Stopping Enterprise Manager web application.
INFO: Stopped Enterprise Manager web application.
Administrator Server is not running.
Database server is running...

No script specified

Stopping the database server.
Database server stopped.
INFO: Copying CST libs to tomcat
Administrator Server is not running.
Starting the database server.
Waiting for postmaster to start ..Started
No script specified

Database server is still running...
Starting tomcat
/usr/local/avamar-tomcat/bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/avamar-tomcat
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/avamar-tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/avamar-tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/latest
Using CLASSPATH:       /usr/local/avamar-tomcat/bin/bootstrap.jar:/usr/local/avamar-tomcat/bin/tomcat-juli.jar
Using CATALINA_PID:    /usr/local/avamar-tomcat/avamar-tomcat.pid
Tomcat started.

# ps -ef | grep "avamar-tomcat" | grep -v "grep"
root     30540     1 99 13:20 pts/0    00:00:28 /usr/java/latest/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/avamar-tomcat/conf/logging.properties -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Xmx2G -server -Djava.awt.headless=true -XX:+DisableExplicitGC -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom -Djava.util.prefs.PreferencesFactory=com.avamar.mc.util.MCCLIPreferencesFactory -Djava.util.prefs.systemRoot=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs -Djava.util.logging.config.file=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs/mccli_logging.properties -Dsecurity.provider.rsa.JsafeJCE.position=last -Dorg.apache.tomcat.util.buf.UDecoder.ALLOW_ENCODED_SLASH=true -Djavax.net.ssl.trustStore=/root/.keystore -Djava.library.path=/usr/local/rsa_cst/cst/builds/linux_gcc34_x64_r/lib:/usr/java/packages/lib/amd64:/usr/lib64:/lib64:/lib:/usr/lib -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/avamar-tomcat/endorsed -classpath /usr/local/avamar-tomcat/bin/bootstrap.jar:/usr/local/avamar-tomcat/bin/tomcat-juli.jar -Dcatalina.base=/usr/local/avamar-tomcat -Dcatalina.home=/usr/local/avamar-tomcat -Djava.io.tmpdir=/usr/local/avamar-tomcat/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start

Step 3. VDP 管理ウェブ (構成ユーティリティ) へ接続

後は、管理ウェブへ接続し、ログインできることを確認します。

https://<VDP の IP>:8543/vdp-configure

VDP 管理ウェブ ログイン画面
VDP 管理ウェブ サービス状態確認

参考 : VDP 管理ウェブアプリケーションが完全に落ちてる場合

ちなみに、VDP 管理ウェブアプリケーションが完全に落ちている場合には、# emwebapp.sh --restart コマンドを実行しても再起動してくれないので、普通に # emwebapp.sh --start で開始してください。

vdp 管理ウェブアプリケーション再起動

「--restart」が効かない場合には、「# emwebapp.sh --start」

VDP ウェブサービス開始 (--start)
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
# ps -ef | grep "avamar-tomcat" | grep -v "grep"
※何も表示されない

# emwebapp.sh --restart
INFO: Enterprise Manager web application is not running.

# emwebapp.sh --start

# ps -ef | grep "avamar-tomcat" | grep -v "grep"
root     17256     1 99 13:43 pts/0    00:00:00 /usr/java/latest/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/avamar-tomcat/conf/logging.properties -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Xmx2G -server -Djava.awt.headless=true -XX:+DisableExplicitGC -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom -Djava.util.prefs.PreferencesFactory=com.avamar.mc.util.MCCLIPreferencesFactory -Djava.util.prefs.systemRoot=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs -Djava.util.logging.config.file=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs/mccli_logging.properties -Dsecurity.provider.rsa.JsafeJCE.position=last -Dorg.apache.tomcat.util.buf.UDecoder.ALLOW_ENCODED_SLASH=true -Djavax.net.ssl.trustStore=/root/.keystore -Djava.library.path=/usr/local/rsa_cst/cst/builds/linux_gcc34_x64_r/lib:/usr/java/packages/lib/amd64:/usr/lib64:/lib64:/lib:/usr/lib -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/avamar-tomcat/endorsed -classpath /usr/local/avamar-tomcat/bin/bootstrap.jar:/usr/local/avamar-tomcat/bin/tomcat-juli.jar -Dcatalina.base=/usr/local/avamar-tomcat -Dcatalina.home=/usr/local/avamar-tomcat -Djava.io.tmpdir=/usr/local/avamar-tomcat/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start

終わりに

最後に、VDP 内で httpd ウェブサービスも動いていますが、emwebapp.sh で再起動しても、この httpd プロセスが再起動されることはありません。

VDP 内で httpd も動いている
1
2
3
4
5
6
7
8
# ps -ef | grep "httpd" | grep -v "grep"
root      4672     1  0 Jun03 ?        00:00:11 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4673  4672  0 Jun03 ?        00:00:06 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4674  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4675  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4676  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4677  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun   18357  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL

特に httpd プロセスは、動いていればこのままで良くて、個別に再起動しなくても良いですが、念のため一回再起動してみるのも良いかもしれません。

ご参考までに。

以上、vSphere Data Protection ウェブサービス再起動でした。