Open VM Tools とは

Open VM Tools は、主に、Linux ユーザー (アプライアンスベンダーを含む) を対象とした従来の VMware Tools の オープンソース実装版です。

例えば、従来の VMware ToolsLinux のゲスト OS にインストールするためには、以下を実施する必要がありました。

  1. 仮想マシンを右クリック > ゲスト OS > VMware Tools のインストール
    VMware の製品とクライアントによっては、階層・メニュー名が若干異なりますが、大体この階層を辿ります
  2. 仮想マシンの器に ISO イメージがマウントされる
  3. ゲスト OS にログインし、CD (ISO) をマウント
  4. マウント先から VMware Tools のインストーラ (圧縮ファイル) を OS のローカル領域にコピー
  5. VMware Tools のインストーラを解凍
  6. VMware Tools のインストールスクリプトを実行
  7. インストール完了後、CD アンマウント (自動アンマウント)

一方、Open VM Tools はパッケージとして提供されるため、yumapt-get のようなパッケージ管理ツールを使って、簡単に導入できることは勿論のこと、簡単にパッケージをアップデート (パッチ適用) することが可能です。

Open VM Tools インストール対象 OS

主に、以下の OS ディストリビューション (比較的に新しいリリース) に該当する場合には、Open VM Tools をインストールする必要があります。

  • RHEL 7 以上
  • CentOS 7 以上
  • Ubuntu 14.04 以上
  • SUSE Linux Enterprise 12 以上
  • openSUSE 11 以上
  • Fedora 19 以上
  • FreeBSD 10 以上
  • Debian 7 以上
  • Oracle Linux 7 以上

または、以下の互換性ガイドをご確認ください。

  • - 検索カテゴリ : Guest OS
    - 製品名 : ESX、ESXi、Fusion、Workstation 等を選択
    - OS ベンダー : RHEL、CentOS 等を選択
    - VMware Tools : open-vm-tools を選択

また、Open VM Tools最初から OS にバンドルされてる場合においては、個別にインストールする必要はありません。

逆に OS ベンダーから提供されたものがあれば、それを使うことが推奨されており、削除することは非推奨です。

Open VM Tools のインストール方法

基本的には、OS ベンダーから提供される手順があれば、それに従ってインストールすれば良いですが、そうでなければ、以下の URL に WindowsUNIXLinuxその他 OS 別、インストール手順が記載されていますので、該当 OS の VMware Tools 関連セクション をご確認ください。

  • - Windows Operating Systems
    + Windows
    - UNIX and Other Operating Systems
    + eComStation
    + FreeBSD
    + IBM OS/2 Warp
    + Mac OS X Server
    + Netware
    + Solaris
    + SCO
    - Linux Operating Systems
    + Asianux Server
    + CentOS
    + CoreOS
    + Debian
    + Fedora
    + Mandrake
    + Mandriva
    + NeoKylin
    + Novell
    + openSUSE Linux
    + Oracle Enterprise
    + VMware Photon OS
    + Red Hat Enterprise Linux
    + Red Hat Linux
    + Sun Java Desktop System
    + SUSE Linux Enterprise
    + SUSE Linux
    + Turbolinux
    + Ubuntu

仮想マシンの VMware Tools ステータス確認 (インストール前)

まずは、vCenter にログイン > 仮想マシン > サマリ (タブ) > VMware Tools のステータスを確認します。

以下の例では、まだ Open VM Tools がインストールされてないため、VMware Tools のステータスが 実行されておらず、インストールされていません となっています。

VMware Tools のステータス (Open VM Tools インストール前)

一番右下に表示される「VMware Tools のインストール」は、「open-vm-tools」ではなく、従来の 「VMware Tools」をインストールするためのボタンなので、「open-vm-tools」をインストールする場合には、無視しも構いません。

例 その1. CentOS 7 : Open VM Tools インストール

この例では、CentOS 7 (Minimal) に Open VM Tools のインストールを実施します。

特に、Minimal の場合には、open-vm-tools パッケージが含まれてないため、手動でインストールする必要があります。

Step 1. VMware Tools リポジトリ追加

一応、EPEL リポジトリ (CentOS : EPEL リポジトリ追加) を使えば、# yum --enablerepo=epel -y install open-vm-tools みたいな感じで、簡単にインストールできますが、公式ドキュメントでは、VMware Tools 専用のリポジトリを使っているので、それに従います。

Minimal の場合には、追加で Perl が必要

CentOS (または RHEL) が Minimal 構成でインストールされている場合には、ゲスト OS のカスタマイズ 機能を提供するために、追加で Perl をインストールする必要があります。 (Minimal 構成では、デフォルトで Perl が入ってない)
/etc/yum.repos.d/vmware-tools.rep
1
2
3
4
5
[vmware-tools]
name = VMware Tools
baseurl = http://packages.vmware.com/packages/rhel7/x86_64/
enabled = 1
gpgcheck = 1

Step 2. open-vm-tools インストール

VMware Tools のリポジトリ追加が終わったら open-vm-tools をインストールします。

open-vm-tools : yum インストール
1
2
3
4
5
6
# yum -y install perl open-vm-tools
・・・
インストール:
  open-vm-tools.x86_64 0:10.1.5-3.el7

完了しました!
open-vm-tools インストール確認
1
2
3
4
5
6
7
# rpm -qa | grep "perl"
・・・
perl-5.16.3-292.el7.x86_64
・・・

# rpm -qa | egrep "(open-vm|vmtool)"
open-vm-tools-10.1.5-3.el7.x86_64

Step 3. vmtoolsd サービス有効化、及び サービス起動

open-vm-tools パッケージのインストールが完了したら vmtoolsd のサービスを有効化した上で、サービスを起動します。

vmtoolsd サービス有効化
1
2
3
4
# systemctl enable vmtoolsd

# systemctl list-unit-files | grep "vmtoolsd"
vmtoolsd.service           enabled
vmtoolsd サービス起動、及び サービス状態確認
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
# ps -ef | egrep "(open-vm|vmtool)" | grep -v "grep"    #### 起動されないっぽい

# systemctl status vmtoolsd
vmtoolsd.service - Service for virtual machines hosted on VMware
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/vmtoolsd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: http://github.com/vmware/open-vm-tools

# systemctl start vmtoolsd

# systemctl status vmtoolsd
vmtoolsd.service - Service for virtual machines hosted on VMware
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/vmtoolsd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 金 2018-02-18 14:24:34 JST; 20s ago
     Docs: http://github.com/vmware/open-vm-tools
 Main PID: 8480 (vmtoolsd)
   CGroup: /system.slice/vmtoolsd.service
           mq8480 /usr/bin/vmtoolsd
・・・

# ps -ef | egrep "(open-vm|vmtool)" | grep -v "grep"
root      8480     1  0 14:24 ?        00:00:00 /usr/bin/vmtoolsd

例 その2. Ubuntu : Open VM Tools インストール
 対象バージョン : Ubuntu Server 14.10、15.04

Ubuntu Server 14.10Ubuntu Server 15.04 では、Open VM Tools に対応しているものの、バージョンが古いため、手順が若干異なります。

Step 1. VMware パッケージ用の公開鍵ダウンロード、及び公開鍵追加

特に、Open VM Tools をインストールする前に、apt-get add コマンドで、VMware パッケージの公開鍵を追加する必要があります。

VMware 公開鍵ダウンロード、及び公開鍵追加
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
# mkdir /usr/local/src/vmware-public-keys

# cd /usr/local/src/vmware-public-keys/

# wget https://packages.vmware.com/tools/keys/VMWARE-PACKAGING-GPG-DSA-KEY.pub
# wget https://packages.vmware.com/tools/keys/VMWARE-PACKAGING-GPG-RSA-KEY.pub

# ls -l
total 8
-rw-r--r-- 1 root root 923  8月  2  2017 VMWARE-PACKAGING-GPG-DSA-KEY.pub
-rw-r--r-- 1 root root 659  8月  2  2017 VMWARE-PACKAGING-GPG-RSA-KEY.pub

# apt-key add ./VMWARE-PACKAGING-GPG-DSA-KEY.pub
OK

# apt-key add ./VMWARE-PACKAGING-GPG-RSA-KEY.pub
OK

Step 2. VMware Tools リポジトリ追加

公開鍵の追加が終わったら vmware-tools.list (新規作成) に VMwrae Package 用のリポジトリを追加します。

/etc/apt/sources.list.d/vmware-tools.list
1
deb http://packages.vmware.com/packages/ubuntu precise main

precise のままにしておくこと

リポジトリ上の Codename は、公式ドキュメント通りに、precise にしてください

  • deb http://packages.vmware.com/packages/ubuntu precise main (○)
  • deb http://packages.vmware.com/packages/ubuntu utopic main (×)
  • deb http://packages.vmware.com/packages/ubuntu vivid main (×)

precise は、Ubuntu 12.04Codename ですが、良かれと思って、自分の環境用に合わせて書き換えてしまうと apt-get update 実行時にエラーで失敗します。

# lsb_release -c
Codename:       utopic

# vi /etc/apt/sources.list.d/vmware-tools.list
deb http://packages.vmware.com/packages/ubuntu utopic main

# apt-get update
・・・
エラー http://packages.vmware.com utopic/main i386 Packages
  HttpError404
エラー http://packages.vmware.com utopic/main amd64 Packages
  HttpError404
・・・

Step 3. open-vm-tools インストール

後は、open-vm-tools パッケージをインストールします。

また、apt-get update に失敗した場合には、apt-get が 404 Not Found エラーで失敗する を参考にし、sources.list の置換を実施してください。

open-vm-tools : apt-get インストール
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
# apt-get update

# apt-get install open-vm-tools
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libdumbnet1 libicu52 zerofree
提案パッケージ:
  open-vm-tools-desktop    #### これについては、後ほど説明
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libdumbnet1 libicu52 open-vm-tools zerofree
アップグレード: 0 個、新規インストール: 4 個、削除: 0 個、保留: 123 個。
7,262 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 30.8 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
・・・
open-vm-tools インストール確認
1
2
# dpkg --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
ii  open-vm-tools    2:9.4.0-1280544-5ubuntu6    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (CLI)

Step 4. open-vm-tools サービス状態確認

Ubuntu では、Open VM Tools をインストールすると デフォルトでサービスが立ち上がるので、特に、サービス有効化・プロセス起動は不要です。

ただ、CentOS とは違って、Ubuntu では 登録サービス名 open-vm-tool とプロセス名 vmtoolsd が一致してないのが、紛らわしいと言うか 若干気になるところではあります。

open-vm-tools サービス状態確認
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
# sysv-rc-conf --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
open-vm-tool 0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

# systemctl status open-vm-tools
● open-vm-tools.service - Service for virtual machines hosted on VMware
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/open-vm-tools.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 水 2018-02-21 13:37:48 JST; 10s ago
     Docs: http://open-vm-tools.sourceforge.net/about.php
 Main PID: 3826 (vmtoolsd)
   CGroup: /system.slice/open-vm-tools.service
           mq3826 /usr/bin/vmtoolsd
・・・

# ps -ef | egrep "(open-vm|vmtool)" | grep -v "grep"
root      3826     1  0 13:37 ?        00:00:00 /usr/bin/vmtoolsd

例 その3. Ubuntu : Open VM Tools インストール
 対象バージョン : Ubuntu Server 15.10 以上

Ubuntu 15.10 以上であれば、公開鍵の追加は不要で、以下のコマンドを一発叩くだけで行けます。

Step 1. open-vm-tools インストール

まずは、open-vm-tools パッケージをインストールします。

また、apt-get update に失敗した場合には、apt-get が 404 Not Found エラーで失敗する を参考にし、sources.list の置換を実施してください。

open-vm-tools : apt-get インストール
1
2
3
# apt-get update

# apt-get install open-vm-tools
open-vm-tools インストール確認
1
2
# dpkg --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
ii  open-vm-tools    2:9.10.2-2822639-1ubuntu3    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (CLI)

Step 2. open-vm-tools サービス状態確認

後は、open-vm-tools のサービス状態を確認します。

open-vm-tools サービス状態確認
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
# sysv-rc-conf --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
open-vm-tool 0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

# systemctl status open-vm-tools
● open-vm-tools.service - Service for virtual machines hosted on VMware
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/open-vm-tools.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 水 2018-02-21 13:42:11 JST; 21s ago
     Docs: http://open-vm-tools.sourceforge.net/about.php
 Main PID: 1863 (vmtoolsd)
   CGroup: /system.slice/open-vm-tools.service
           mq1863 /usr/bin/vmtoolsd
・・・

# ps -ef | egrep "(open-vm|vmtool)" | grep -v "grep"
root      1863     1  0 13:42 ?        00:00:00 /usr/bin/vmtoolsd

vmhgfs モジュールコンパイル、及びカーネルモジュールロード
 対象バージョン : Workstation 上の Ubuntu Server 15.10 のみ (ESXi は対象外)

ただ、VMware ESXi ではなく、VMware Wokstaion 上の Ubuntu 15.10 の場合は、仮想マシンに対する共有フォルダ機能を提供するための vmhgfs モジュール の欠如によって、Shred Folder が機能しないバグが存在するため、Open VM Tools インストール後に、追加で、少々面倒な対処が必要です。

簡単に言うとソースコードをダウンロードし、vmhgfs モジュールをコンパイルした上で、カーネルにモジュールをロードする必要があります。

気になる方は、以下の URL をご確認ください。 (ESXi は対象外 : そもそも、仮想マシンの Shred Folder 機能が存在しないため)

一応、Ubuntu 15.10 はもう古いし、使わないかもしれませんが、自分用として簡単にメモを残しておきます。(未検証)

vmhgfs モジュールコンパイル、及び自動マウント設定
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
040
041
042
043
044
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
058
059
060
061
062
063
064
065
066
067
068
069
070
071
072
073
074
075
076
077
078
079
080
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100
101
102
103
104
105
106
■ open-vm-tools ソースダウンロード
# cd /usr/local/src/

# apt-get install git-core

# git clone https://github.com/vmware/open-vm-tools.git

# ls -l
total 4
drwxr-xr-x 4 root root 4096  2月 22 11:43 open-vm-tools


■ vmhgfs モジュール コンパイル
# cd ./open-vm-tools/open-vm-tools/

# ls -l    #### configure が存在しない
total 736
-rw-r--r--  1 root root    600  2月 22 13:15 AUTHORS
-rw-r--r--  1 root root  26425  2月 22 13:15 COPYING
-rw-r--r--  1 root root 472133  2月 22 13:15 ChangeLog
-rw-r--r--  1 root root  46669  2月 22 13:15 LICENSE
-rw-r--r--  1 root root   2216  2月 22 13:15 Makefile.am
-rw-r--r--  1 root root  22942  2月 22 13:15 NEWS
-rw-r--r--  1 root root   5099  2月 22 13:15 README
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 checkvm
drwxr-xr-x  6 root root   4096  2月 22 13:15 common-agent
-rw-r--r--  1 root root  51445  2月 22 13:15 configure.ac
drwxr-xr-x  3 root root   4096  2月 22 13:15 docs
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 guestproxycerttool
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 hgfsclient
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 hgfsmounter
drwxr-xr-x 51 root root   4096  2月 22 13:15 lib
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 libDeployPkg
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 libguestlib
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 libhgfs
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 libvmtools
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 m4
drwxr-xr-x  5 root root   4096  2月 22 13:15 modules
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 namespacetool
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 rpctool
drwxr-xr-x  7 root root   4096  2月 22 13:15 scripts
drwxr-xr-x  4 root root   4096  2月 22 13:15 services
drwxr-xr-x  6 root root   4096  2月 22 13:15 tests
drwxr-xr-x  3 root root   4096  2月 22 13:15 toolbox
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 udev
drwxr-xr-x  9 root root   4096  2月 22 13:15 vgauth
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 vmblock-fuse
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 vmblockmounter
drwxr-xr-x  3 root root   4096  2月 22 13:15 vmhgfs-fuse
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 vmware-user-suid-wrapper
drwxr-xr-x  2 root root   4096  2月 22 13:15 xferlogs

# apt-get install m4 automake autogen autoconf pkg-config build-essential libtool libcurl4-openssl-dev libmspack-dev libprocps3-dev dnet-progs libdumbnet-dev doxygen libcunit1 libcunit1-dev libglib2.0-dev

# rm -rf ./configure ./autom4te.cache    #### autoconf -i を「再実行」する際には、事前に実行する

# autoconf -i    #### configure ファイル生成

# ./configure --without-x --without-pam --without-ssl --without-icu

# make MODULES=vmhgfs


■ vmhgfs モジュールロード
# insmod ./modules/linux/vmhgfs/vmhgfs.ko    #### vmhgfs モジュールロード

# lsmod | grep "vmhgfs"


■ Shared Folder マウント
# mount -t vmhgfs .host:/ /mnt

# df -h    #### マウントされていること

# ls -l /mnt


■ vmhgfs モジュール 自動ロード設定
# cd /usr/local/src/open-vm-tools/open-vm-tools/

# uname -r
4.2.0-42-generic

# mkdir -p /lib/modules/$(uname -r)/vmware/

# cp ./modules/linux/vmhgfs/vmhgfs.ko /lib/modules/$(uname -r)/vmware/

# depmod -a        #### 新規にインストールしたモジュールを直ぐに利用するために実行

# modinfo vmhgfs   #### vmhgfs モジュール情報確認

# vi /etc/modules
・・・
vmhgfs


■ Shared Folder 自動マウント設定
# mkdir /mnt/shared

# vi /etc/fstab
・・・
.host:/    /mnt/shared  vmhgfs  rw,user,auto 0 0

# shutdown -r now

# df -h    #### マウントされていること

ご参考までに。

deployPkg plug-in 追加パッケージのインストール
 対象バージョン : 9.10 未満の open-vm-tools

一通り Open VM Tools のインストールが完了したら 以下のように、現在のバージョンを確認し、Open VM Tools のバージョンが 9.10 未満であれば、追加で open-vm-tools-deploypkg (ゲストイメージ・カスタマイズ用) パッケージのインストールが必要です。

Step 1. VMware Tools のバージョン確認

主に、Open VM Tools はサポートされるが、比較的に古いリリースが追加パッケージのインストール対象になるかと思います。

例えば、Ubuntu 14.10Ubuntu 15.04 にインストールされたバージョンを確認すると 両方とも 9.10 未満 であるため、deployPkg のインストール対象になります。

Ubuntu 14.10 : VMware Tools のバージョン確認
1
2
# vmtoolsd -v
VMware Tools daemon, version 9.4.0.25793 (build-1280544)
Ubuntu 15.04 : VMware Tools のバージョン確認
1
2
# vmtoolsd -v
VMware Tools daemon, version 9.4.6.33107 (build-1770165)

Step 2. open-vm-tools-deploypkg パッケージのインストール

この例では、Ubuntu 14.10 (VMware Tools バージョン 9.4.0.25793) に追加で open-vm-tools-deploypkg をインストールします。

open-vm-tools-deploypkg インストール
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
# apt-get install open-vm-tools-deploypkg
・・・
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libmspack0
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libmspack0 open-vm-tools-deploypkg
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 123 個。
64.3 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 236 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
・・・

# dpkg --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
ii  open-vm-tools              2:9.4.0-1280544-5ubuntu6    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (CLI)
ii  open-vm-tools-deploypkg    9.4.15-1                    amd64    open-vm-tools plugin - VMware guest image customization

desktop パッケージの追加インストール
 対象 : GUI デスクトップ環境を使っている OS

ちょっと しつこいですが、先ほどインストールした open-vm-tools は CLI 環境用のコアパッケージ (必須) で、GUI デスクトップ環境の場合には、追加で open-vm-tools-desktop パッケージのインストールが必要です。

  • open-vm-tools : CLI 用のパッケージ (コアパッケージ)
    CLI / GUI 環境に関係なく、インストール必須
  • open-vm-tools-desktop : GUI 用のパッケージ
    X 依存パッケージであるため、GUI 環境の場合にのみインストール

その1. CentOS の場合 : open-vm-tools-desktop のインストール

以下の例では、CentOS 7open-vm-tools-desktop をインストールします。

インストールが終わったら、念のため、サービスを再起動しておいたほうが良いかもしれません。

CentOS 7 : open-vm-tools-desktop インストール
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
# yum install open-vm-tools-desktop
・・・
インストール容量: 40 M
Is this ok [y/d/N]: y
・・・

インストール:
  open-vm-tools-desktop.x86_64 0:10.1.5-3.el7

依存性関連をインストールしました:
  atk.x86_64 0:2.22.0-3.el7                      atkmm.x86_64 0:2.24.2-1.el7
  avahi-libs.x86_64 0:0.6.31-17.el7              cairo.x86_64 0:1.14.8-2.el7
  cairomm.x86_64 0:1.12.0-1.el7                  cups-libs.x86_64 1:1.6.3-29.el7
  fontconfig.x86_64 0:2.10.95-11.el7             fontpackages-filesystem.noarch 0:1.44-8.el7
  gdk-pixbuf2.x86_64 0:2.36.5-1.el7              glibmm24.x86_64 0:2.50.0-1.el7
  graphite2.x86_64 0:1.3.10-1.el7_3              gtk-update-icon-cache.x86_64 0:3.22.10-5.el7_4
  gtk2.x86_64 0:2.24.31-1.el7                    gtkmm24.x86_64 0:2.24.5-1.el7
  harfbuzz.x86_64 0:1.3.2-1.el7                  hicolor-icon-theme.noarch 0:0.12-7.el7
  jasper-libs.x86_64 0:1.900.1-31.el7            jbigkit-libs.x86_64 0:2.0-11.el7
  libX11.x86_64 0:1.6.5-1.el7                    libX11-common.noarch 0:1.6.5-1.el7
  libXau.x86_64 0:1.0.8-2.1.el7                  libXcomposite.x86_64 0:0.4.4-4.1.el7
  libXcursor.x86_64 0:1.1.14-8.el7               libXdamage.x86_64 0:1.1.4-4.1.el7
  libXext.x86_64 0:1.3.3-3.el7                   libXfixes.x86_64 0:5.0.3-1.el7
  libXft.x86_64 0:2.3.2-2.el7                    libXi.x86_64 0:1.7.9-1.el7
  libXinerama.x86_64 0:1.1.3-2.1.el7             libXrandr.x86_64 0:1.5.1-2.el7
  libXrender.x86_64 0:0.9.10-1.el7               libXtst.x86_64 0:1.2.3-1.el7
  libXxf86vm.x86_64 0:1.1.4-1.el7                libjpeg-turbo.x86_64 0:1.2.90-5.el7
  libpng.x86_64 2:1.5.13-7.el7_2                 libsigc++20.x86_64 0:2.10.0-1.el7
  libthai.x86_64 0:0.1.14-9.el7                  libtiff.x86_64 0:4.0.3-27.el7_3
  libxcb.x86_64 0:1.12-1.el7                     libxshmfence.x86_64 0:1.2-1.el7
  mesa-libEGL.x86_64 0:17.0.1-6.20170307.el7     mesa-libGL.x86_64 0:17.0.1-6.20170307.el7
  mesa-libgbm.x86_64 0:17.0.1-6.20170307.el7     mesa-libglapi.x86_64 0:17.0.1-6.20170307.el7
  pango.x86_64 0:1.40.4-1.el7                    pangomm.x86_64 0:2.40.1-1.el7
  pixman.x86_64 0:0.34.0-1.el7                   stix-fonts.noarch 0:1.1.0-5.el7

完了しました!

# rpm -qa | egrep "(open-vm|vmtool)"
open-vm-tools-10.1.5-3.el7.x86_64
open-vm-tools-desktop-10.1.5-3.el7.x86_64

# systemctl restart vmtoolsd

その2. Ubuntu の場合 : open-vm-tools-desktop のインストール

以下の例では、Ubuntu 14.10open-vm-tools-desktop をインストールします。

インストールが終わったら、念のため、サービスを再起動しておいたほうが良いかもしれません。

Ubuntu 14.10 : open-vm-tools-desktop インストール
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
# apt-get install open-vm-tools-desktop
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
・・・
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  fontconfig fontconfig-config fonts-dejavu-core hicolor-icon-theme libatk1.0-0 libatk1.0-data libatkmm-1.6-1 libavahi-client3
  libavahi-common-data libavahi-common3 libcairo2 libcairomm-1.0-1 libcups2 libdatrie1 libdrm-intel1 libdrm-nouveau2
  libdrm-radeon1 libegl1-mesa libegl1-mesa-drivers libepoxy0 libfontconfig1 libfontenc1 libgbm1 libgdk-pixbuf2.0-0
  libgdk-pixbuf2.0-common libgl1-mesa-dri libgl1-mesa-glx libglapi-mesa libglibmm-2.4-1c2a libgraphite2-3 libgtk2.0-0
  libgtk2.0-bin libgtk2.0-common libgtkmm-2.4-1c2a libharfbuzz0b libice6 libjasper1 libjbig0 libjpeg-turbo8 libjpeg8 libllvm3.5
  libopenvg1-mesa libpango-1.0-0 libpangocairo-1.0-0 libpangoft2-1.0-0 libpangomm-1.4-1 libpciaccess0 libpixman-1-0 libsm6
  libthai-data libthai0 libtiff5 libtxc-dxtn-s2tc0 libwayland-client0 libwayland-egl1-mesa libwayland-server0 libx11-xcb1
  libxatracker2 libxaw7 libxcb-dri2-0 libxcb-dri3-0 libxcb-glx0 libxcb-present0 libxcb-render0 libxcb-shm0 libxcb-sync1
  libxcb-xfixes0 libxcomposite1 libxcursor1 libxdamage1 libxfixes3 libxfont1 libxi6 libxinerama1 libxkbfile1 libxmu6 libxpm4
  libxrandr2 libxrender1 libxshmfence1 libxt6 libxtst6 libxxf86vm1 open-vm-tools-desktop x11-common x11-xkb-utils xfonts-base
  xfonts-encodings xfonts-utils xserver-common xserver-xorg-core xserver-xorg-input-mouse xserver-xorg-input-vmmouse
  xserver-xorg-video-vmware
アップグレード: 0 個、新規インストール: 94 個、削除: 0 個、保留: 123 個。
32.8 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 115 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
・・・

# dpkg --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
ii  open-vm-tools              2:9.4.0-1280544-5ubuntu6    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (CLI)
ii  open-vm-tools-deploypkg    9.4.15-1                    amd64    open-vm-tools plugin - VMware guest image customization
ii  open-vm-tools-desktop      2:9.4.0-1280544-5ubuntu6    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (GUI)

# systemctl restart open-vm-tools

その他、参考事項 : open-vm-tools-dkms について

ちなみに、OS のバージョンによってはopen-vm-tools-desktop だけではなく、open-vm-tools-dkms が追加でインストールされる場合もあります。

DKMS とは

略称 DKMS (Dynamic Kernel Module Support Framework)。

動的カーネルモジュール・サポートフレームワークのことで、カーネルのソースツリーの外にソースが存在する Linux カーネルモジュールの生成を可能にするプログラム/フレームワークです。

新しいカーネルがインストールされたときに DKMS モジュールは自動的にリビルドされます。

ArchLinux : Dynamic Kernel Module Support

Ubuntu 15.04 に open-vm-tools-desktop をインストールした場合
1
2
3
4
5
# dpkg --list | egrep "(open-vm|vmtool)"
ii  open-vm-tools              2:9.4.6-1770165-8ubuntu1    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (CLI)
ii  open-vm-tools-deploypkg    9.4.15-1                    amd64    open-vm-tools plugin - VMware guest image customization
ii  open-vm-tools-desktop      2:9.4.6-1770165-8ubuntu1    amd64    Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (GUI)
ii  open-vm-tools-dkms         2:9.4.6-1770165-8ubuntu1    all      Open VMware Tools for virtual machines hosted on VMware (DKMS)

仮想マシンの VMware Tools ステータス確認 (インストール後)

最後に、vCenter にログイン > 仮想マシン > サマリ (タブ) > VMware Tools のステータスを確認します。

そうすると以下のように、VMware Tools のステータスにバージョンが表示されるようになり、追加で DNS 名 (OS のホスト名) と IP アドレス 情報が確認できるようになります。

念のため、少し補足しますと 右側にある CPU 使用量メモリ使用量ストレージ使用量VMware Tools のインストール有無に関係なく確認できる情報です。 (VMware Tools を入れないと確認できないと勘違いされてる方がいたので)

VMware Tools のステータス (Open VM Tools インストール後)
VMware Tools の電源操作メニュー (Open VM Tools インストール後)

VMware Tools の電源状態 (インストール前)

VMware Tools の電源操作メニュー (Open VM Tools インストール後)

VMware Tools の電源状態 (インストール後)

ちにみに、仮想マシンに VMware Tools をインストールすると 上記のように、仮想マシンの 電源 メニューから以下の電源操作ができるようになります。

  • ゲスト OS のシャットダウン
    ゲスト OS に shutdown (電源 OFF) コマンドを送る
  • ゲスト OS の再起動
    ゲスト OS に shutdown (再起動) コマンドを送る

通常、仮想マシンを 再起動・電源オフ するためには、直接 ゲスト OS にログインする必要がありますが、VMware Tools 有効状態だと VMware クライアント 上でポチポチするだけで、簡単に電源操作ができるため、地味に便利な機能です。

念のため、補足すると パワーオフリセット は、それぞれ、電源ブチ切り電源ブチ切り → パワーオン させる機能なので、下手すると OS が壊れる恐れがあるため、使わないほうが良いです。

VMware Tools のステータス「管理対象ゲスト」について

以下は、VMware Tools詳細 情報です。

VMware Tools のステータス詳細 (Open VM Tools インストール後)

管理対象ゲスト とか VMware によって管理されていません とか気になると思いますが、ゲスト OS に open-vm-tools をインストールすると VMware Tools のステータスは、管理対象ゲスト になります。

そして、以下の注意点があります。

  • vCenter 上で VMware Tools の管理不可 (アップグレード等)
  • vSphere Update Manager (VUM) を使用して VMware Tools のアップグレード不可

そのため、open-vm-tools の再インストール、アップデートのようなメンテナンス作業は、OS にログインし、yum または、apt-get のようなパッケージ管理ツールを使って行う必要があります

終わりに

最初にご紹介した URL Guest Operating System Installation Guide には、サービス起動手順までは書いてなかったりするので、インストールが完了した後には、サービスの有効化サービス起動 をお忘れなく。

以上、VMware : Open VM Tools のインストール でした。