ELRepo リポジトリについて

Enterprise Linux (以下、ELRepo) リポジトリは、エンタープライズ・リナックス用の RPM リポジトリを提供します。

また、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、CentOS、その他 OS 用のリポジトリを提供しており、メインは、ハードウェア用のパッケージとカーネルですが、主に以下のパッケージを提供します。

  • ハードウェア関連パッケージ
  • ファイルシステムドライバ
  • ウェブカメラ・ビデオ・ドライバ
  • グラフィック・サウンドドライバ
  • ネットワークドライバ
  • カーネル

後で詳しく説明しますが、ELRepo は、4つのリポジトリチャネルをサポートしており、その中の一つが Enterprise Linux Kernel Repository (elrepo-kernel) です。

この elrepo-kernel を yum インストール時に有効化することによって、現時点で一番最新の安定版カーネルをインストール、もしくは、アップデートすることができます

なので、最新版のカーネルへアップデートを実施する際には、ELRepo を導入した方が良いです。

ELRepo リポジトリ追加

ELRepo は、CentOS 7 用のリポジトリ以外にも CentOS 6 と CentOS 5 用のリポジトリを追加することも可能です。

CentOS 7 以外の追加方法については、先ほど紹介した本家サイトの URL をご確認ください。 (やり方はさほど変わりません)

この例では、CentOS 7 のカーネルを最新安定バージョンにアップデートするための事前準備として、CentOS 7 用の ELRepo リポジトリを追加します。

Step 1. CentOS 7 用の ELRepo リポジトリ追加

ELRepo リポジトリを追加するためには、RPM-GPG-KEY をインポートした後、ELRepo リポジトリ用の RPM をインストールします。

elrepo-release の最新 rpm は、先ほどの www.elrepo.org 上に載っているので、バージョンを確認してから適宜読み替えてください。

ELRepo リポジトリインストール
1
2
3
4
5
6
7
8
# rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
※正常なら何も表示されない

# rpm -Uvh http://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-2.el7.elrepo.noarch.rpm
http://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-2.el7.elrepo.noarch.rpm を取得中
準備しています...              ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:elrepo-release-7.0-2.el7.elrepo  ################################# [100%]

Step 2. ELRepo リポジトリの中身確認

後は、elrepo.repo の中身を確認します。

elrepo.repo 中身確認
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
# cat /etc/yum.repos.d/elrepo.repo
### Name: ELRepo.org Community Enterprise Linux Repository for el7
### URL: http://elrepo.org/

[elrepo]
name=ELRepo.org Community Enterprise Linux Repository - el7
baseurl=http://elrepo.org/linux/elrepo/el7/$basearch/
        http://mirrors.coreix.net/elrepo/elrepo/el7/$basearch/
        http://jur-linux.org/download/elrepo/elrepo/el7/$basearch/
        http://repos.lax-noc.com/elrepo/elrepo/el7/$basearch/
        http://mirror.ventraip.net.au/elrepo/elrepo/el7/$basearch/
mirrorlist=http://mirrors.elrepo.org/mirrors-elrepo.el7
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
protect=0

[elrepo-testing]
name=ELRepo.org Community Enterprise Linux Testing Repository - el7
baseurl=http://elrepo.org/linux/testing/el7/$basearch/
        ・・・
mirrorlist=http://mirrors.elrepo.org/mirrors-elrepo-testing.el7
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
protect=0

[elrepo-kernel]
name=ELRepo.org Community Enterprise Linux Kernel Repository - el7
baseurl=http://elrepo.org/linux/kernel/el7/$basearch/
        ・・・
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
protect=0

[elrepo-extras]
name=ELRepo.org Community Enterprise Linux Extras Repository - el7
baseurl=http://elrepo.org/linux/extras/el7/$basearch/
        ・・・
mirrorlist=http://mirrors.elrepo.org/mirrors-elrepo-extras.el7
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
protect=0

ELRepo リポジトリの使い方

上記のように、ELRepo は、4つのリポジトリを提供します。

  • Enterprise Linux Repository
  • Enterprise Linux Testing Repository
  • Enterprise Linux Kernel Repository
  • Enterprise Linux Extras Repository

また、デフォルト値はバージョンによって異なるかもしれないので、環境に合わせて設定してください。

1 : 有効

0 : 無効

チャネル名用途デフォルト値備考
elrepoEnterprise Linux Repository1デフォルトのままで良い
elrepo-testingEnterprise Linux Testing Repository0
elrepo-kernelEnterprise Linux Kernel Repository0
elrepo-extrasEnterprise Linux Extras Repository0

チャネル 1. elrepo

まずは、Enterprise Linux Repository。 メインチャネルで、デフォルトで有効になっています。

yum installyum update を安全に実行するために、有効にする必要があるので、デフォルトのままで良いですが、場合によっては、他のリポジトリを全て無効にし、ELRepo だけ有効にする必要があるかもしれません。

ちなみに、システム上に存在する全てのリポジトリを無効にするには、オプション --disablerepo=\* を使います。

elrepo で yum install
1
# yum --enablerepo=elrepo install <パッケージ名>
elrepo のみ有効化し、yum install
1
# yum --disablerepo=\* --enablerepo=elrepo install <パッケージ名>

チャネル 2. elrepo-testing

次に、Enterprise Linux Testing Repository。 あまり使う機会はないと思いますが、メインチャネルにまだ正式に登録されていない・リリースされていないテイスト中のパッケージを提供します。

elrepo-testing でテスト用のパッケージインストール
1
# yum --enablerepo=elrepo-testing install <パッケージ名>

チャネル 3. elrepo-kernel

次に、Enterprise Linux Kernel Repository。 ELRepo の中で、一番重要なチャネルとして、最新安定版のカーネルを提供しており、主に、カーネルの最新化・アップデート時に使います。

カーネルのインストール方式は、以下の 2種類をサポートします。

  • kernel-lt
  • kernel-ml

kernel-lt は、long term の略です。

kernel-lt で最新版のカーネルインストール
1
# yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-lt

kernel-ml は、mainline stable の略です。

kernel-ml で最新安定版のカーネルインストール
1
# yum --enablerepo=elrepo-kernel install kernel-ml

特に、kernel-ml は、従来の CentOS/EL 5・6 系のカーネルと競合しないように意図的に kernel-ml という名前が付けられました。

なので、CentOS 7 のカーネルを最新化・アップデートしたい場合には、最新安定版をインストールするためには、kernel-ml をインストールする必要があります。

チャネル 4. elrepo-extras

最後に、Enterprise Linux Extras Repository。 エキストラ用のチャネルです。 CentOS や互換性のある他のディストリビューションで置き換えるパッケージを提供するので、パッケージの依存関係更新・アップデート時に使うと良いでしょう。

elrepo-extras で yum install
1
# yum --enablerepo=elrepo-extras install <パッケージ名>

終わりに

ちなみに、最新安定版カーネルのバージョン確認、及びカーネルファイルの個別ダウンロードは、以下の URL から確認できます。

以上、Enterprise Linux (ELRepo) リポジトリ追加 でした。