etuts+

CentOS 7 : X ベースの GUI デスクトップ環境インストール

  • GUI 環境は、ストレージ と CPU・メモリ リソースを消費します

  • GUI デスクトップ環境導入

  • Step 1. パッケージグループ一覧確認

  • Step 2. GNOME インストール

  • ランレベル変更、及び CentOS 7 Linux EULA ライセンス同意

  • Step 1. Run Level 変更

  • Step 2. コンソールを開いて、再起動

  • Step 3. CentOS 7 Linux EULA ライセンス

  • GUI デスクトップ環境 (GNOME) 初期設定

  • Step 1. デスクトップ環境へログイン

  • Step 2. ようこそ

  • Step 3. キーボード・レイアウト、及び 入力メソッドの選択

  • Step 4. プライバシー

  • Step 5. オンラインアカウントへの接続

  • Step 6. 準備完了

  • Step 7. 初めて使う方へ

  • Step 8. デスクトップ利用開始

  • ホームディレクトリ直下のフォルダ名変更

  • デスクトップの解像度変更

  • デスクトップ上で日本語 (かな漢字) 入力が出来るようにする

  • Step 1. 入力メッソッドの追加

  • Step 2. 日本語入力テスト

  • 参考 : 入力メソッドの切り替えショットカット・キー

  • オマケ 1. デスクトップ環境導入後のパッケージグループ一覧

  • オマケ 2. startx 実行後に表示されるエラーについて

  • 終わりに、注意点と苦戦しないための作業順番

GUI 環境は、ストレージ と CPU・メモリ リソースを消費します

Linux にデスクトップ環境を入れると GUI 操作できるし、ブラウザも使えるので便利ですが、ストレージCPU / メモリ のリソースがそれなりに消費されます。

そのため、仮想環境 (特に共用フラットフォーム) の場合は、リソース節約の意味合いも込めて、

必ず GUI を使わないと行けない理由がなければ、使わない方がいいのではないかと思います。

使いたい時だけ一時的に立ち上げるとか やり方色々あるとは思いますが、そこは使い方次第なので、管理者にお任せするとして、今回は、CentOS 7 に X Window System ベース のデスクトップ環境として、KDE と並んでよく使われている GNOME (GNU Network Object Model Environment) をインストールし、Linux 上で GUI 環境が使えるようにします。

GUI デスクトップ環境導入

Step 1. パッケージグループ一覧確認

デスクトップ環境のパッケージは依存関係含めて、軽く 1,000個を超えることもあり、そのパッケージを一つ一つ入れるのは現実的ではないため、パッケージグループでまとめて入れるとやりやすいです。

yum で使えるパッケージグループ一覧は yum grouplist コマンドで確認することができます。

また、yum インストール時に日本語のパッケージ名は使えないので、コマンド実行の際に、先頭に LANG=C を付けると出力結果が英字で表示されます。

yum グループリスト確認 (日本語出力)
# LANG=ja_JP.UTF-8 yum grouplist
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: centos.usonyx.net
* extras: download.nus.edu.sg
* updates: ftp-srv2.kddilabs.jp
Available Environment Groups:
   最小限のインストール
   インフラストラクチャーサーバー
   コンピュートノード
   ファイルとプリントサーバー
   ベーシック Web サーバー
   仮想化ホスト
   サーバー (GUI 使用)
   GNOME Desktop
   KDE Plasma Workspaces
   開発およびクリエイティブワークステーション
利用可能なグループ
   グラフィカル管理ツール
   コンソールインターネットツール
   システム管理
   システム管理ツール
   スマートカードサポート
   セキュリティーツール
   レガシーな UNIX 互換性
   互換性ライブラリー
   科学的サポート
   開発ツール
完了
yum グループリスト確認 (英語出力)
# LANG=C yum grouplist
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: centos.usonyx.net
* extras: download.nus.edu.sg
* updates: ftp-srv2.kddilabs.jp
Available Environment Groups:
   Minimal Install
   Infrastructure Server
   Compute Node
   File and Print Server
   Basic Web Server
   Virtualization Host
   Server with GUI
   GNOME Desktop
   KDE Plasma Workspaces
   Development and Creative Workstation
Available Groups:
   Graphical Administration Tools
   Console Internet Tools
   System Management
   System Administration Tools
   Smart Card Support
   Security Tools
   Legacy UNIX Compatibility
   Compatibility Libraries
   Scientific Support
   Development Tools
Done

ちなみに、デフォルト状態では表示されないグループリストも多数存在するため、全てのグループリストを確認したい場合は、最後に hidden を付けください。

全てのグループリスト確認
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
040
041
042
043
044
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
058
059
060
061
062
063
064
065
066
067
068
069
070
071
072
073
074
075
076
077
078
079
080
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
# LANG=C yum grouplist hidden
Loaded plugins: fastestmirror
Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast
There is no installed groups file.
Maybe run: yum groups mark convert (see man yum)
Determining fastest mirrors
* base: ftp-srv2.kddilabs.jp
* extras: centos.usonyx.net
* updates: centos.usonyx.net
Available Environment Groups:
   Minimal Install
   Compute Node
   Infrastructure Server
   File and Print Server
   Basic Web Server
   Virtualization Host
   Server with GUI
   GNOME Desktop
   KDE Plasma Workspaces
   Development and Creative Workstation
Available Groups:
   Additional Development
   Anaconda Tools
   Backup Client
   Backup Server
   Base
   CentOS Linux Client product core
   CentOS Linux ComputeNode product core
   CentOS Linux Server product core
   CentOS Linux Workstation product core
   Common NetworkManager submodules
   Compatibility Libraries
   Conflicts (Client)
   Conflicts (ComputeNode)
   Conflicts (Server)
   Conflicts (Workstation)
   Console Internet Tools
   Core
   DNS Name Server
   Debugging Tools
   Desktop Debugging and Performance Tools
   Development Tools
   Dial-up Networking Support
   Directory Client
   Directory Server
   E-mail Server
   Emacs
   FTP Server
   File and Storage Server
   Fonts
   GNOME
   GNOME Applications
   Graphical Administration Tools
   Graphics Creation Tools
   Guest Agents
   Guest Desktop Agents
   Hardware Monitoring Utilities
   High Availability
   Hyper-v platform specific packages
   Identity Management Server
   Infiniband Support
   Input Methods
   Internet Applications
   Internet Browser
   Java Platform
   KDE
   KDE Applications
   KDE Multimedia Support
   KVM platform specific packages
   Large Systems Performance
   Legacy UNIX Compatibility
   Legacy X Window System Compatibility
   Load Balancer
   Mainframe Access
   MariaDB Database Client
   MariaDB Database Server
   Multimedia
   Network File System Client
   Network Infrastructure Server
   Networking Tools
   Office Suite and Productivity
   PHP Support
   Performance Tools
   Perl Support
   Perl for Web
   Platform Development
   PostgreSQL Database Client
   PostgreSQL Database Server
   Print Server
   Printing Client
   Python
   Remote Desktop Clients
   Remote Management for Linux
   Resilient Storage
   Ruby Support
   Scientific Support
   Security Tools
   Smart Card Support
   System Administration Tools
   System Management
   Technical Writing
   VMware platform specific packages
   Virtualization Client
   Virtualization Hypervisor
   Virtualization Platform
   Virtualization Tools
   Web Server
   Web Servlet Engine
   X Window System
Done

Step 2. GNOME インストール

この例では、デスクトップ環境として、GNOME をインストールします。

そのため、GNOME Desktop パッケージグループをインストールしていますが、KDE がほしい方は、KDE Plasma Workspaces を入れてください。

ちなみに、GNOME Desktop をインストールすると BaseX Window SystemInput Methods 等のパッケージグループが自動的にインストールされます。

GNOME デスクトップ環境インストール
1
# yum -y groupinstall "GNOME Desktop"

Transaction check error でインストールに失敗した場合

もし以下のエラーでインストールに失敗した場合には、事前に fwupdate-efi を入れる必要があります。

# yum -y groupinstall "GNOME Desktop"
・・・
Transaction check error:
  file /boot/efi/EFI/centos from install of fwupdate-efi-12-5.el7.centos.x86_64 conflicts with file from package grub2-common-1:2.02-0.65.el7.centos.2.noarch

以下のように、grub2-common を一回アップデートした上で、fwupdate-efi をインストールしてから GNOME Desktop をインストールします。 (私はこれで直りましたが、解消されない場合もあるようなのでご参考までに)

# rpm -qa | "grep grub2-common"
grub2-common-2.02-0.65.el7.centos.2.noarch

# yum update grub2-common
# yum install fwupdate-efi

# rpm -qa | grep "grub2-common"
grub2-common-2.02-0.76.el7.centos.noarch

# rpm -qa | grep "fwupdate-efi"
fwupdate-efi-12-5.el7.centos.x86_64

# yum -y groupinstall "GNOME Desktop"

これで、デスクトップ環境のインストール自体は終わりましたが、まだ初期設定が終わってないので、GUI 起動コアンドを実行しないでください

特に、このタイミングで (GNOME Desktop インストール直後に) startx コマンドは絶対に実行しないでください。 (そもそも CentOS 7 で startx コマンドは使わない方が良いかもしれません。 理由については後ほど説明します)

ランレベル変更、及び CentOS 7 Linux EULA ライセンス同意

Step 1. Run Level 変更

GUI の起動・初期設定を行うための下準備として、Run Level を以下のように変更します。

  • 変更前 : Run Level 3 (multi-user.target)
  • 変更後 : Run Level 5 (graphical.target)
ランレベル変更 (3 → 5)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
# systemctl get-default
multi-user.target

# systemctl set-default graphical.target
Removed symlink /etc/systemd/system/default.target.
Created symlink from /etc/systemd/system/default.target to /usr/lib/systemd/system/graphical.target.

# systemctl get-default
graphical.target

Step 2. コンソールを開いて、再起動

まずは、コンソール画面を開いてください

この状態で再起動を実施すると GUI が立ち上がり、コンソール画面上に CentOS 7 Linux EULA ライセンス の同意を求める画面が表示されるようになります。

再起動
1
# shutdown -r now

graphical.target (Run Level 5) にしてから再起動を実施してください

ちなみに、マルチユーザモード (multi-user.target) のまま再起動してしまうと、このように CUI 上に初期設定画面が表示されます が、見にくいし・やりにくいし、この設定が終わってから、GUI 上で GNOME の初期設定を済ませないと行けないため、どうせ グラフィカルモード (graphical.target) が必要になってきます。

特に、再起動時に問題なく GUI で起動するのか 確認の意味合いも込めて、最初からグラフィカルモード状態で再起動を実施してください。 (再起動時に GUI 起動しなくても SSH ログインできるので、トラブルシューティングはその後でも宜しいかと)

Step 3. CentOS 7 Linux EULA ライセンス

再起動完了後、CentOS 7 の 初期セットアップ 画面が表示されるので、EULA ライセンスに同意するために、LICENSE INFORMATION をクリックします。

LICENSE INFORMATION をクリック

ライセンス情報 画面が表示されます。

ライセンスに契約に同意します > 完了 をクリックします。

ライセンスに契約に同意します → 完了

最後に、設定の完了 をクリックすると自動的に再起動が行われます。 (環境によっては再起動されない場合もあるかもしれません)

「設定の完了」をクリック

GUI デスクトップ環境 (GNOME) 初期設定

Step 1. デスクトップ環境へログイン

ユーザを選択 > パスワードを入力 > サインイン をクリックし、デスクトップへログインします。

ユーザを選択
パスワード入力 → サインイン

Step 2. ようこそ

ようこそ 画面が表示されたら 日本語 > 次へ をクリックします。

「日本語」をクリック

Step 3. キーボード・レイアウト、及び 入力メソッドの選択

次に、キーボード・レイアウト入力メソッド を選択します。

日本語 > 次へ をクリックします。

日本語 → 次へ

Step 4. プライバシー

ここでは、位置情報サービスを利用するかを決めます。

不要の場合は、オフ > 次へ をクリックします。

オフ → 次へ
  • アプリケーションがあなたの地理的位置を特定できるようになります。 位置情報サービスが有効になっている場合、インジケーターが表示されます。

Step 5. オンラインアカウントへの接続

使う場合は、後からいつでも設定できるので、とりあえず スキップ をクリックします。

「スキップ」をクリック
  • オンラインアカウントに接続すると、メールやオンラインカレンダー、連絡先、文書、写真などに簡単にアクセスできるようになります。

Step 6. 準備完了

使用する準備ができました。 というメッセージと共に、準備完了 画面が表示されます。

CentOS Linux を使い始める をクリックします。

「CentOS Linux を使い始める」をクリック

Step 7. 初めて使う方へ

初めて使う人向けのいくつかの動画が用意されていますので、興味ある方は観覧した後、× をクリックします。

  • ウィンドウとワークスペースを使用する
  • タスクを切り替える
  • Change wallpaper
  • その他、「よく行う作業」に関するリンク
「×」をクリックしウィンドウを閉じる

Step 8. デスクトップ利用開始

これで、Linux 上でデスクトップ環境が使えるようになりました。

GNOME デスクトップ 初期画面

ホームディレクトリ直下のフォルダ名変更

標準フォルダーの名前を現在の言語に合わせて更新しますか? 選択を求めるダイアログがポップアップされた場合は、適宜選択してください。

個人的には、ターミナル上で cd で移動する際に、日本語になっていると使いづらいので、ディレクトリ名は、英字 (アルファベット) にしておくことをオススメします。

ちなみに、フォルダ名を変更した場合、該当フォルダの中にあるサブ・フォルダ名まで変更されるわけではありません。

ダイアログ : 標準フォルダーの名前を現在の言語に合わせて更新しますか

デスクトップの解像度変更

初期状態だと解像度が低くて使いづらいので、せめて 1024x768 位にしておきましょう。

アプリケーション > システムツール > 設定 をクリックします。

アプリケーション → システムツール → 設定

デバイス をクリックします。

「デバイス」をクリック

ディスクプレイ > 解像度 (を設定) > 適用 をクリックします。

ディスクプレイ → 解像度 (を設定) → 適用

設定を保存するか確認を求めるダイアログがポップアップされたら 変更を保存 をクリックします。

「変更を保存」をクリック

これで少しは使いやすくなりました。

解像度変更後

デスクトップ上で日本語 (かな漢字) 入力が出来るようにする

ついでに、デスクトップ上で日本語 (かな漢字) 入力 / 切り替えが出来るようにします。

Step 1. 入力メッソッドの追加

まずは、入力メソッドとして 日本語 (かな漢字) を追加します。

先ほどの解像度設定と同じように、まずは、アプリケーション > システムツール > 設定 をクリックします。

アプリケーション → システムツール → 設定

設定 画面が表示されたら 地域と言語 > 入力ソースの + をクリックします。

地域と言語 → 入力ソースの +

入力ソースの追加 ダイアログがポップアップされたら 日本語 をクリックします。

「日本語」をクリック

続いて、日本語 (かな漢字) > 追加 をクリックします。

日本語 (かな漢字) → 追加

最後に、入力ソース日本語 (かな漢字) が追加されていることを確認します。

日本語 (かな漢字) が追加されていることを確認

Step 2. 日本語入力テスト

これで日本語を入力する準備ができたので、実際に日本語入力できることを確認します。

アプリケーション > 端末 をクリックし、ターミナルを一つ立ち上げておきます。

メニューバー 右上の 言語アイコン > 日本語 (かな漢字) をクリックします。

言語アイコン → 日本語 (かな漢字)

後は、日本語入力ができることを確認します。

日本語入力ができることを確認

参考 : 入力メソッドの切り替えショットカット・キー

ちなみに、言語アイコンの代わりに、Windows + Space で簡単に切替えることができます。

Windows + Space で日本語切り替え

また、このショットカット・キーは アプリケーション > システムツール > 設定 > デバイス > キーボード に定義されているので、自由に設定・変更できます。

アプリケーション → システムツール → 設定 → デバイス → キーボード

オマケ 1. デスクトップ環境導入後のパッケージグループ一覧

参考までに、Minimal 状態で GNOME デスクトップ環境をインストールした後のパッケージグループ一覧は以下の通りです。 (インストール済みのグループ一覧が表示されます)

パッケージグループ一覧 (GNOME Desktop インストール後)
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
040
041
042
043
044
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
058
059
060
061
062
063
064
065
066
067
068
069
070
071
072
073
074
075
076
077
078
079
080
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
# LANG=C yum grouplist hidden
Loaded plugins: fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp-srv2.kddilabs.jp
* extras: ftp-srv2.kddilabs.jp
* updates: centos.usonyx.net
Installed Environment Groups:
   GNOME Desktop
Available Environment Groups:
   Minimal Install
   Compute Node
   Infrastructure Server
   File and Print Server
   Basic Web Server
   Virtualization Host
   Server with GUI
   KDE Plasma Workspaces
   Development and Creative Workstation
Installed Groups:
   Base
   Common NetworkManager submodules
   Core
   Desktop Debugging and Performance Tools
   Dial-up Networking Support
   Directory Client
   Fonts
   GNOME
   Guest Agents
   Guest Desktop Agents
   Input Methods
   Internet Browser
   Java Platform
   Multimedia
   Network File System Client
   Printing Client
   X Window System
Available Groups:
   Additional Development
   Anaconda Tools
   Backup Client
   Backup Server
   CentOS Linux Client product core
   CentOS Linux ComputeNode product core
   CentOS Linux Server product core
   CentOS Linux Workstation product core
   Compatibility Libraries
   Conflicts (Client)
   Conflicts (ComputeNode)
   Conflicts (Server)
   Conflicts (Workstation)
   Console Internet Tools
   DNS Name Server
   Debugging Tools
   Development Tools
   Directory Server
   E-mail Server
   Emacs
   FTP Server
   File and Storage Server
   GNOME Applications
   Graphical Administration Tools
   Graphics Creation Tools
   Hardware Monitoring Utilities
   High Availability
   Hyper-v platform specific packages
   Identity Management Server
   Infiniband Support
   Internet Applications
   KDE
   KDE Applications
   KDE Multimedia Support
   KVM platform specific packages
   Large Systems Performance
   Legacy UNIX Compatibility
   Legacy X Window System Compatibility
   Load Balancer
   Mainframe Access
   MariaDB Database Client
   MariaDB Database Server
   Network Infrastructure Server
   Networking Tools
   Office Suite and Productivity
   PHP Support
   Performance Tools
   Perl Support
   Perl for Web
   Platform Development
   PostgreSQL Database Client
   PostgreSQL Database Server
   Print Server
   Python
   Remote Desktop Clients
   Remote Management for Linux
   Resilient Storage
   Ruby Support
   Scientific Support
   Security Tools
   Smart Card Support
   System Administration Tools
   System Management
   Technical Writing
   VMware platform specific packages
   Virtualization Client
   Virtualization Hypervisor
   Virtualization Platform
   Virtualization Tools
   Web Server
   Web Servlet Engine
Done

オマケ 2. startx 実行後に表示されるエラーについて

私の検証では、デスクトップ環境のインストール直後 (EULA ライセンス同意 / GNOME 初期設定 を完了する前) に startx を実行すると以下のようなエラーで GUI は立ち上がりませんでした。 (gdm.service 起動コマンドを実行しても同じ)

startx で GUI が起動しない
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
# startx
xauth:  file /root/.serverauth.7741 does not exist
xauth:  file /root/.Xauthority does not exist
xauth:  file /root/.Xauthority does not exist

X.Org X Server 1.20.1
X Protocol Version 11, Revision 0
Build Operating System:  3.10.0-693.17.1.el7.x86_64
Current Operating System: Linux centos 3.10.0-693.11.6.el7.x86_64 #1 SMP Thu Jan 4 01:06:37 UTC 2018 x86_64
Kernel command line: BOOT_IMAGE=/vmlinuz-3.10.0-693.11.6.el7.x86_64 root=/dev/mapper/cl-root ro rd.lvm.lv=cl/root rd.lvm.lv=cl/swap rhgb quiet LANG=ja_JP.utf8
Build Date: 15 November 2018  04:59:43PM
Build ID: xorg-x11-server 1.20.1-5.1.el7
Current version of pixman: 0.34.0
        Before reporting problems, check http://wiki.x.org
        to make sure that you have the latest version.
Markers: (--) probed, (**) from config file, (==) default setting,
        (++) from command line, (!!) notice, (II) informational,
        (WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(==) Log file: "/var/log/Xorg.0.log", Time: Fri Dec 21 09:52:27 2018
(==) Using config directory: "/etc/X11/xorg.conf.d"
(==) Using system config directory "/usr/share/X11/xorg.conf.d"
VMware: No 3D enabled (0, Success).
xinit: connection to X server lost

waiting for X server to shut down (EE)
(EE) Backtrace:
(EE) 0: /usr/bin/X (xorg_backtrace+0x55) [0x55cac3a60185]
(EE) 1: /usr/bin/X (0x55cac38af000+0x1b4e09) [0x55cac3a63e09]
(EE) 2: /lib64/libpthread.so.0 (0x7fd163f8c000+0xf5d0) [0x7fd163f9b5d0]
(EE) 3: /usr/bin/X (RROutputIsLeased+0x9e) [0x55cac39c7cfe]
(EE) 4: /usr/bin/X (xf86DPMSSet+0x10d) [0x55cac397974d]
(EE) 5: /usr/lib64/xorg/modules/drivers/vmware_drv.so (0x7fd160183000+0x10ab7) [0x7fd160193ab7]
(EE) 6: /usr/lib64/xorg/modules/drivers/vmware_drv.so (0x7fd160183000+0xe5b3) [0x7fd1601915b3]
(EE) 7: /usr/bin/X (0x55cac38af000+0xc88dc) [0x55cac39778dc]
(EE) 8: /usr/bin/X (0x55cac38af000+0xe7bf8) [0x55cac3996bf8]
(EE) 9: /usr/bin/X (0x55cac38af000+0x132d53) [0x55cac39e1d53]
(EE) 10: /usr/bin/X (0x55cac38af000+0x604c4) [0x55cac390f4c4]
(EE) 11: /lib64/libc.so.6 (__libc_start_main+0xf5) [0x7fd163be13d5]
(EE) 12: /usr/bin/X (0x55cac38af000+0x4a4ce) [0x55cac38f94ce]
(EE)
(EE) Segmentation fault at address 0x0
(EE)
Fatal server error:
(EE) Caught signal 11 (Segmentation fault). Server aborting
(EE)
(EE)
Please consult the The X.Org Foundation support
         at http://wiki.x.org
 for help.
(EE) Please also check the log file at "/var/log/Xorg.0.log" for additional information.
(EE)

ファイルが存在しないと怒られましたが、認してみると普通に存在します。 (GUI 起動状態だと結果は異なります)

.serverauth と .Xauthority 有無確認 (初期設定完了 前)
1
2
3
# ls -l /root/.serverauth* /root/.X*
-rw------- 1 root root  51 12月 21 10:39 /root/.serverauth.7741
-rw------- 1 root root 100 12月 21 10:39 /root/.Xauthority

ネット上には、上記のファイルを消すと起動するいう説もありますが、一番の原因は、初期設定が終わってないのに、無理やり startx を実行した結果ではないかと。

当記事では GUI デスクトップ環境 初期設定 の直前に startx コマンドを実行しないでください とお伝えしましたが、GUI を手動で実行するならば、まず EULA / GUI 上での初期設定まで終わらせてから実行してほしいなと思いました。

初期設定を終わらせると (EE) 関連エラーも消えます。

初期設定完了後にエラーが出た場合は、その際に対応した方が切り分けしやすいかなと思います。

参考までに、startx を実行しないでください とお伝えした理由については、以下をご確認ください。

コマンドはコンソール上で実行。 Minimal 状態で GNOME Desktop を groupinstall した時の結果です。

実行コマンドGNOME Desktop インストール直後の画面状態
startx× (GUI 起動しない、コンソール画面真っ暗)
systemctl start gdm.service× (GUI 起動しない、コンソール画面真っ暗)
実行コマンドEULA ライセンス同意後 / 初期設定完了後
startx○ (問題なく起動する)
systemctl start gdm.service○ (問題なく起動する)
実行コマンドGUI デスクトップ上での表示言語
startxターミナル・コンソールの LANG 設定が適用される
# echo $LANG
systemctl start gdm.serviceSystem Locale として設定されている LANG 設定が適用される
# localectl status | grep "System Locale"
実行コマンドユーザ認証画面表示
startx× (認証画面表示されず、ユーザ認証不要)
systemctl start gdm.service○ (認証画面表示される、ユーザ認証必要)

特に、GUI 起動時の表示言語に関しては、

startx コマンドの GUI 画面表示言語 (GUI 上のメニュー項目、説明 等) は、コマンドを実行しているクライアント (SSH 接続クライアント、コンソール画面 等) ターミナルの言語設定が適用されます。

ターミナル LANG が en_US の場合
# export LANG=en_US.UTF-8
# startx
ターミナル LANG が ja_JP の場合
# export LANG=ja_JP.utf8
# startx
GUI が英語環境になる

ターミナル LANG が en_US の場合

GUI が日本語環境になる

ターミナル LANG が ja_JP の場合

一方、gdm.service で立ち上げた場合は、コマンドを実行しているターミナル上の言語設定は無視され、システムのロケール設定が適用されます。

System Locale の LANG が en_US の場合
# localectl set-locale LANG=en_US.utf-8

# export LANG=ja_JP.utf8

# localectl status | grep "System Locale"
   System Locale: LANG=en_US.utf-8

# systemctl start gdm.service
System Locale の LANG が ja_JP の場合
# localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8

# export LANG=en_US.utf-8

# localectl status | grep "System Locale"
   System Locale: LANG=ja_JP.utf8

# systemctl start gdm.service
GUI が英語環境になる

System Locale の LANG が en_US の場合

GUI が日本語環境になる

System Locale の LANG が ja_JP の場合

終わりに、注意点と苦戦しないための作業順番

簡単に終わらせるつもりが、ついでに色々紹介してしまいましたが、CentOS 7 に GUI デスクトップを導入する際に、苦戦せずにささっと終わらせる方法をまとめると。

まずは、注意点として、

  • インストール直後、GUI 起動コマンドを実行しないこと
  • インストール直後、再起動を実施し、EULA ライセンスに同意してから使うことrun level 5 に変更してから再起動を実施すること
  • コマンドで GUI を立ち上げる際には、startx の代わりに、gdm.service を使うことX : startxO : systemctl start gdm.service

作業順番的には、

  1. GNOME Desktop をグループインストール
  2. インストール直後に、Run Level 3 → 5 に変更
  3. 再起動
  4. GUI 上で EULA ライセンスに同意場合によっては、同意後 自動的に再起動が走る
  5. GUI ログイン画面が表示されるので、デスクトップへログイン
  6. GNOME 初期設定画面が表示されるので、初期設定を実施
  7. 初期設定完了後、利用開始少なくとも、解像度変更 / 日本語入力が出来るとこまではして置くと良い
  8. 後は、Run Level 3 にするなり、5 のままにするなり

以上、CentOS 7 : X ベースの GUI デスクトップ環境インストール でした。

当記事が含まれている連載一覧

この記事をシェアする

コピー & ペースト

 この記事のタイトルと URL をコピーする
CentOS 7 : X ベースの GUI デスクトップ環境インストール
https://server.etutsplus.com/centos-7-x-window-yum-install/
 この記事の HTML リンクをコピーする
<a href="https://server.etutsplus.com/centos-7-x-window-yum-install/" title="CentOS 7 : X ベースの GUI デスクトップ環境インストール" target="_blank">CentOS 7 : X ベースの GUI デスクトップ環境インストール - eTuts+ Server Tutorials</a>

コメント

コメントをどうぞ

Tutorial 詳細

centos7 gnome install所要時間:30分以内試験環境:CentOS 7.4 Minimal (64bit)関連カテゴリー: