Web Client でのサービス停止・起動・再起動方法について

vCenter Server が Windows 版の場合に、vCenter 関連サービスを停止・起動・再起動するためには、vCenter Server (Windows Server) へリモートデスクトップ接続する必要がありましたが、vCenter Server Appliance (以下、vCSA) の場合には、主に以下の方法を使って vCenter 関連サービスを操作する必要があります。

  • vSphere Web Client へログインし、サービスを停止・起動・再起動
  • vCSA の OS へ SSH 接続し、コマンドラインでサービスを停止・起動・再起動

今回は、vSphere Web Client を使って、例として vCenter 関連サービスを再起動する方法についてご紹介します。

Step 1. vCenter へログイン

まずは、vSphere Web Client へログインし、ホームシステム構成 をクリックします。

ホーム - システム構成

Step 2. vCenter Server サービス再起動

その後、表示される以下の画面上で、ノード > ノード選択(vCenter 名) > 関連オブジェクト 順にクリックすると サービスリスト が表示されます。

この例では、VMware vCenter Server の再起動を実施します。

再起動対象 サービスを選択し、アクション > 再起動 をクリックするとサービス再起動が実行されます。

vSphere Web Client サービス再起動

サービス再起動が完了したら、サービス状態が 実行中 であることを確認します。

以上、vCenter Server Appliance サービス停止・起動・再起動方法 (Web Client)でした。