CD/DVD アイコンが使えない

仮想マシンを作って、OS の ISO イメージを CD/DVD ドライブ に入れてインストールしようとしたら、CD/DVD ドライブ アイコンがなぜか灰色で使えない状態になっていました。

さらに、仮想マシン 設定の編集ハードウェアタブで、CD/DVD ドライブ のサマリを確認してみると 制限 状態になっていました。

なんだろう。。

CD/DVD アイコンが使えない
CD/DVD 制限状態

原因

今までこんなことなかったのに。。と思いながら調べて見ることにしました。

vSphere Web Client の場合、Windows 版 の vSphere Client に比べて色んな詳細設定ができるようになっています。

まずは、CD/DVD ドライブ の詳細設定がどうなっているか確認するために、vSphere Web Client へ接続し、仮想マシン > サマリ > 設定の編集をクリックします。

vSphere Web Client 設定の編集

なるべく vSphere Web Client を使う

仮想マシンのハードウェアバージョン 9以上の場合には、vSphere Web Client を使って設定を編集する必要があります。

vSphere Client も使えますが、機能が制限されているので、vSphere 5.5 以上の場合には、なるべく vSphere Web Client を使ってください。

続いて、仮想ハードウェア タブをクリックし、CD/DVD ドライブ の設定を確認します。

仮想デバイスノード SATA

上記画像の 仮想デバイスノード を他の仮想マシンと見比べた結果、やっと原因が分かりました。

CD/DVD ドライブ が問題なく使えた仮想マシンは、仮想デバイスノード が全て IDE になっていましたが、CD/DVD ドライブ が使えない制限状態になっている仮想マシンは、仮想デバイスノードSATA になっていました。

仮想マシンを作成する段階では、特に IDE か SATA か指定するメニュー・オプションはなかったので、もしかすると Guest OS の種類によって勝手に設定が入ってしまうのではないかと思い、もう少し試して見ました。

以下は、Guest OS の種類が CentOS と RHEL だった場合、仮想マシンをハードウェアバージョン 11 で作成したときの結果です。

  • CentOS 4/5/6/7 (64bit) : CD/DVD ドライブの仮想デバイスノードは、IDE
  • RHEL 6 (64bit) : CD/DVD ドライブの仮想デバイスノードは、SATA

Guest OS の種類によって設定が少し変わるのは知っていましたが、今まで作成した ハードウェアバージョン 7 の RHEL 6 は、特に問題なかったので、もしかすると Guest OS の種類だけでなく、仮想マシンのハードウェアバージョンによっても設定が変わるかもしれないと思いました。 (この件に関していいコメントを頂いたので、コメントを参考にしてください~)

対策

対策として、最初は、SATA を IDE に設定だけ変えればいいと思って試して見たのですが、IDE に変えても、設定が反映されず、ずっと SATA のままの状態になっていました。

そのため、CD/DVD ドライブ を一回削除してからキレイに作り直すことで対応します。

Step 1. 既存の CD/DVD ドライブ削除

仮想マシン > サマリ > 設定の編集 > 仮想ハードウェア タブ > CD/DVD ドライブ > × ボタンをクリックします。

CD/DVD ドライブ削除

デバイスは削除されます というメッセージが表示されたら OK をクリックします。

CD/DVD ドライブ削除メッセージ

Step 2. 新しい CD/DVD ドライブ作成

もう一回、設定の編集を開き、仮想ハードウェア タブにて、追加 > CD/DVD ドライブをクリックします。

デバイスリストから CD/DVD ドライブを選択

新規デバイスCD/DVD ドライブ がリストアップされていることを確認し、OKをクリックします。

CD/DVD ドライブ追加

仮想ハードウェア タブにて、新規 CD/DVD ドライブ > IDE > OKをクリックします。

新規 CD/DVD ドライブを IDE に変更

SATA から IDE に変更が必要

新規で CD/DVD ドライブを追加すると削除前と同じように 仮想デバイスノード が SATA になっているので、IDE に変更してあげる必要があります。

設定確認

設定が完了した後は、CD/DVD ドライブ の設定が確実に IDE になっているか確認します。

もう一回、設定の編集を開き、仮想ハードウェア タブにて、追加 > CD/DVD ドライブをクリックし、仮想デバイスノード が IDE になっていれば大丈夫です。

CD/DVD ドライブ IDE 設定確認

最後に、vSphere Client 上で CD/DVD ドライブ が使える状態になっているか確認します。

vSphere Client にて CD/DVD が使えることを確認

終わりに

仮想マシンを払い出す立場にいる管理者の方は、こういうところも確認してから払い出すとよりいいかなと思います。

以上、vSphere Client で CD/DVD ドライブアイコンが使えないときの対策方法でした。