vCenter HA 機能のサポートと VUM がビルトインされた vCSA

VMware vSphere 6.5 のリリースに伴って、vCenter Server Appliance 6.5 (以下、vCSA) にもいくつかの新機能が加わりました。

vCSA 6.5 になってクラウド管理者として楽しみにしている新機能として主に以下があります。

  • vCenter HA のサポート
  • vSphere Update Manager 内臓

vCenter は、クラウド環境を管理するために必要な様々な機能をサポートします。

特に、vMotion、DRS、FT、HA のような vSphere 中核機能のコントロールを含め、様々な製品のライセンスの管理、ESXi ホスト群、クラスタ群、ストレージ・データストア、仮想マシン等を一括管理するために、vCenter は無くてはならない存在です。

ただ懸念点として、これまでの vCenter では冗長機能をサポートしておらず、vCenter が落ちたり、壊れてしまったりするとクラウド環境の管理・操作ができなくなってしまう欠点がありました。

そのため、私が管理するクラウド環境では、万が一のための vCenter 復旧手段を設ける必要があり、vCenter は物理マシンに構築するのではなく、vCenter のアプライアンス製品である vCSA (仮想マシン) で構築し、自動クローン取得による定期バックアップの仕組みを作って運用していました。

しかし、新しくなった vCSA 6.5 から vCenter High Availability 機能がサポートされるようになったので、従来に比べてより安全に vCenter を守ることができるのではないかと期待しています。

ちなみに、vCenter HA 機能が使えるのは、アプライアンス製品である vCSA のみ (vCSA 6.5 から)です。 vCenter Server for Windows 版では使えないのでご注意ください。

そして、もう一つの注目機能として、vCSA 6.5 に含まれている vSphere Update Manager (以下、VUM) があります。

VUM を構築すると ESXi ホストのパッチ適用、及び ESXi のバージョンアップが非常に楽になります。

ただ、VUM を使うためには、Windows Server 上に VUM を別途インストール・構築しないと行けなかったのですが、この VUM が vCSA 6.5 にビルトインされるようになりました。

ということは、vCSA 6.5 をインストールする = VUM を構築しなくても使える ようになります。

VUM を構築するのも一手間でしたが、どんどん便利になってるのでありがたいですね。

それ以外の新機能、既知の問題については、リリースノートを参考にしてください。

特に、以下は要確認かなと。

  • vCSA インストール時に FQDN を使わないと vCenter HA を構成できない
  • vSphere 6.0 のサポート対象プロセッサのうち、いくつかのプロセッサが vSphere 6.5 でサポート対象外になった
  • vSphere 6.5 から Windows 版 vSphere Client のサポートが終了

色々役に立つ情報が記載されているので、お時間ある方は軽く一読して見てはいかがでしょうか。

Cloud Diagram クラウド構成図

vCSA 6.5 ダウンロード

まずは、事前準備として、my vmware (ログインが必要) へ接続し、最新版の VMware vCenter Server Appliance 6.5 をダウンロードします。

vCSA 6.5 ISO ダウンロード

vCSA 6.5 のデプロイを開始する前に DRS 無効化

DRS (vSphere Distributed Resource Scheduler) とは

DRS は、クラスタを構成する ESXi ホストの CPU 使用率とメモリ使用率を監視し、リソースに偏りが発生しないように、高負荷状態の ESXi 上で動いている仮想マシンを自動的に他のホストへ vMotion (ホスト vMotion) することによってクラスタのバランスを保つ vSphere の自動リソース分散機能 (リソース平準化機能) です。

あれば非常に便利な機能ですが、この DRS 機能を使うためには、vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。 (vSphere Standard 以下は使えない)

実際に、vCSA 6.5 のデプロイが始まるとターゲット ESXi ホストにいきなり大きいリソースが追加されるため、DRS によってデプロイ中の仮想マシンが勝手に ホスト vMotion される可能性があるため、クラスタの DRS が 完全自動化 になっていないことを確認してください。

もし、vCSA 6.5 をインストールしようとしている環境が以下に該当する場合には、事前に DRS を無効にすることをオススメします。

  • 既に運用中の vCenter 管理下にある ESXi クラスタに vCSA 6.5 をデプロイしようとしている
  • その ESXi クラスタの DRS が有効になっている
  • その ESXi クラスタの DRS の自動化レベルが「完全自動化」になっている

クラスタの DRS が 完全自動化 になっているかどうかについては、vSphere Client だと vCenter へログイン > クラスタ (右クリック) > 設定の編集 > VMware DRS をクリックすると確認できるので、自動化レベルを一時的に 手動 に変更してから次のステップへ進んでください。

vSphere DRS 無効化

DRS によって仮想マシンが動かないように一時的に自動化レベルを 手動 に変更

vCSA 6.5 インストール - ステージ 1 : アプライアンスのデプロイ

vCSA 6.5 インストール – ステージ 1 : アプライアンスのデプロイ では、主に以下の作業を実施します。

  • vCSA 6.5 インストール開始
  • 概要 : ステージ 1 の開始
  • エンド ユーザー使用許諾契約書
  • デプロイタイプの選択
  • アプライアンスのデプロイ ターゲット
  • アプライアンス仮想マシンの設定
  • デプロイ サイズの選択
  • データストアの選択
  • ネットワークの構成
  • ステージ 1 : 設定内容の確認
  • ステージ 1 : アプライアンスのデプロイ開始

Step 1. ISO マウント、及びインストーラー実行

vCSA 6.5 の ISO ファイルのダウンロードが完了したら DAEMON Tools のような ISO イメージマウントツール (無料版の DAEMON Tools Lite) を利用し、vCSA 6.5 の ISO イメージをマウント します。

ISO マウントだけなら無料版でも十分使えます。

また、DAEMON Tools インストール時に余計なフリーソフトがバンドルされている場合があるので、その時にはフリーソフトをインストールしないようにチェックを外してください。

ISO マウント

DAEMON Tools : ダブルクリックしてマウント

次に、マウントされた ISO のフォルダを開き、CD-ROM > vcsa-ui-installer > win32 > installer.exe を実行します。

インストーラー実行

ブラウザは閉じなくても良い

ちなみに、前のバージョンである vCSA 6.0 をインストールするの際には、現在開いている IE や Firefox、Chrome などのブラウザを全部閉じないとインストールが出来ない問題がありましたが (最新の 6.0 u2 で試したところ改善されていました)、vCSA 6.5 ではブラウザを閉じなくてもそのままインストール可能なのでご心配なく。

Step 2. vCSA 6.5 インストール開始

インストーラーが起動します。

vCSA 6.0 のインストーラーに比べるとかなりキレイに作られてる感じがします。

インストール時の言語が選べるようになっています。

マイグレーションとアップグレードに比べるとインストール自体は難しい作業ではないので、英語のままでも構いませんが、せっかくなので、右上の地球アイコン > 日本語 (Nihongo) をクリックします。

Install

そうすると以下のように、インストーラーの言語が日本語に変わります。

新規構築する予定なので、インストール をクリックします。

Install

Step 3. 概要

概要 が表示されます。

vCSA 6.5 のインストールプロセスは、2段階に分かれていて、最初のステージ 1 ではターゲット ESXi ホストに vCenter Server をデプロイします。

そして、ステージ 2 ではデプロイ後のアプライアンスの初期セットアップが実行されるという流れになります。

次へ をクリックします。

Stage 1 : インストールプロセスについて

Step 4. エンド ユーザー使用許諾契約書

エンド ユーザー使用許諾契約書 が表示されます。

使用許諾契約書の条項に同意します。(にチェックを入れ) > 次へ をクリックします。

Stage 1 : エンドユーザライセンス同意

Step 5. デプロイタイプの選択

デプロイタイプの選択 が表示されます。

ここでは、アプライアンス上で設定するデプロイ タイプを選択します。

デプロイタイプには以下の二種類があります。

  • 組み込み Platform Services Controller (Embedded Platform Services Controller)
  • 外部 Platform Services Controller (External Platform Services Controller)

以下の画像を見れば分かるように、単一 vCenter Server の場合には前者を。 複数の vCenter Server を管理する必要がある場合には後者を選びます。

ここでは、単一 vCenter Server を構築しますが、規模に応じて、複数の vCenter Server を管理する必要がある場合には、外部 Platform Services Controller をご検討ください。

組み込み Platform Services Controller > 次へ をクリックします。

Stage 1 : デプロイタイプの選択

Step 6. アプライアンスのデプロイ ターゲット

アプライアンスのデプロイ ターゲット が表示されます。

このステップでは、vCSA 仮想マシンをどの ESXi ホストにデプロイするかを決めます。 そして、ターゲットとなるデプロイ先 ESXi ホストに接続するための以下のログイン情報が必要になります。

項目 説明 備考
ESXi ホスト名または vCenter Server 名 デプロイ先 ESXi ホストの FQDN、または IP アドレス
HTTPS ポート HTTPS ポート番号 デフォルト : 443
ユーザー名 デプロイ先 ESXi ホストのユーザ ID root で良い
パスワード デプロイ先 ESXi ホストのユーザ PW root の PW

ユーザー名について

ターゲット サーバに対する管理者 (または root) 権限を持つユーザー名を入力してください。 また、ドメインと組み合わせてユーザーを入力する場合は、 UserName@DomainName 形式で入力してください。

ちなみに、既に運用中の ESXi ホストにデプロイする場合には、事前にクラスタのリソース使用率を確認した上で、デプロイ先 ESXi ホストを決めた方が良いです。

以下の例だと CPU とメモリ使用率が低そうなのは esx04 なので、デプロイ先 ESXi ホストとして esx04 を指定します。

デプロイ先 ESXi ホストのリソース使用率確認

運用中の vCenter にて クラスタ > ホスト (タブ) をクリックするとクラスタ内の各 ESXi ホストのリソース使用率を確認することが出来る。

以下の情報を入力し、次へ をクリックします。

Stage 1 : デプロイターゲット情報入力

証明書に関する警告 ダイアログが表示されたら はい をクリックします。

Stage 1 : 証明書に関する警告
Stage 1 : 検証中...

Step 7. アプライアンス仮想マシンの設定

デプロイするアプライアンスの仮想マシンを設定する アプライアンス仮想マシンの設定 が表示されます。

以下の情報を入力し、次へ をクリックします。

項目 説明 設定例
仮想マシン名 vCSA アプライアンスの名前 vcsa-6-5.hogehoge.com
root パスワード OS root ユーザのパスワード MyCompany123-
root パスワードの確認 OS root ユーザのパスワード MyCompany123-

仮想マシン名 に設定した名前が実際に vCenter 上に表示される仮想マシンの名前になります。

vCSA 6.5 のような名前を付けても構いませんが、出来れば FQDN と同じ名前を設定することをオススメします。

また、この例では説明のために、FQDN として vcsa-6-5.hogehoge.com を使っていますが、FQDN にバージョン番号は付けないでください。 (アップグレード後も同じ FQDN が使われるため)

Stage 1 : アプライアンス名と root パスワード設定

仮想マシン名の要件

仮想マシン名は次の要件を満たしている必要があります。

  • パーセント記号 (%)、バックスラッシュ (\)、スラッシュ (/) が含まれていないこと
  • 80 文字までに制限

パスワードの要件

パスワードは次の要件を満たしている必要があります。

  • 8 文字以上
  • 20 文字まで
  • 大文字が 1 文字以上
  • 小文字が 1 文字以上
  • 数値が 1 文字以上
  • 特殊記号が 1 文字以上 (「!」、「(」、「@」、など)
  • 可視の下位 ASCII 文字のみ (スペースは使用できません)

vCSA の root パスワードについて

vCSA の OS のデフォルトキーボードレイアウトは、英語配列になっています。

インストール完了後にコンソールへログインする予定であれば、Root ユーザのパスワードに特殊文字は設定しない方が良いです。 (パスワードに @# のような特殊文字が含まれていると文字入力し難いため)

インストール完了後に SSH ログインする予定であれば、特殊文字を設定しても構いません。 (SSH クライアントを使えば、OS の言語環境に関係なく日本語キーが打てるため)

インストール完了後に SSH 接続し、キー配列を日本語に変更してしまえばどちらでも構いませんが、連載の流れとしては、一通り経験してもらうために、以下のようになっているため、パスワードになるべく特殊文字を入れないようにしています。

  1. vCSA の SSH 接続は有効にする
  2. vCSA インストール完了後、一番最初にコンソールログインする予定なので、Root パスワードに紛らわしい特殊文字を設定しない
  3. vCSA インストール完了後にコンソールログイン
  4. vCSA へ SSH 接続後、キー配列を日本語に変更し、root パスワードを変更
  5. vCSA のコンソールへログインし、日本語キーが入力できることを確認

一時的に特殊文字を入れたい場合には、- (ハイフン) を設定してください。

Step 8. デプロイ サイズの選択

新規作成される vCenter Server のデプロイサイズを指定する デプロイ サイズの選択 が表示されます。

管理するクラウド環境の規模に合わせて選択できるようになっているので、デプロイサイズストレージサイズ を選択し、次へ をクリックします。

デプロイ サイズ vCPU
メモリ
(GB)
ストレージ
(GB)
ホスト
(最大数)
仮想マシン
(最大数)
極小 2 10 250 10 100
4 16 290 100 1000
8 24 425 400 4000
16 32 640 1000 10000
特大 24 48 980 2000 35000

ストレージサイズについて

特に、vCSA 6.5 ではインストール時にストレージサイズを指定できるようになりました。

ここで指定したストレージサイズによって、statseventsalarmstasks といった SEAT 領域 に割り当てられる容量が異なります。

デプロイ サイズ
ストレージ
デフォルト
(GB)
ストレージ
(GB)
ストレージ
特大
(GB)
極小 250 775 1650
290 820 1700
425 925 1805
640 990 1870
特大 980 1030 1910

また、既に運用中の vCetner の管理下にある ESXi ホストに vCSA をデプロイする際には、vCetner へ接続 > ESXi ホスト > サマリ (タブ) をクリックすると ESXi ホストのスペックが表示されるので、vCPU を確認してからデプロイサイズを決めてください。

Stage 1 : デプロイ先 ESXi ホストの vCPU 数確認

運用中の vCenter にて ESXi ホスト > サマリ (タブ)

ちなみに、上記のように ESXi ホストの CPU コア数が 20 CPUs だとデプロイサイズ に相当しますが、特大 を指定することも可能です。

先ほどの繰り返しになりますが、デプロイサイズストレージサイズ を選択し、次へ をクリックします。

Stage 1 : デプロイサイズの選択

Step 9. データストアの選択

データストアの選択 が表示されます。

このステップでは、vCSA のデプロイ先データストアとディスクのプロビジョニングタイプを決めます。

毎回説明するようにしていますが、ディスクのプロビジョニングタイプには、以下の2種類があります。

  • Thin Provisioning
  • Thick Provisioning

例えば、この例では vCSA 6.5 のデプロイサイズを Large にしたので、ディスクのプロビジョニングサイズは約 650GB になります。

そして、デプロイ先データストアの全体容量を 1TB とし、インストール完了後の vCSA のディスク消費量を 50GB とします。

Thin Provisioning は、ディスク全体容量だけ確保しておいて、実際の使用量は、使った分だけ増えていくので、このときのデータストアの空き容量は、 1000GB – 50GB = 950GB になります。

Thick Provisioning は、最初から vCSA のディスク全体容量がデータストア消費領域として見なされるため、このときのデータストアの空き容量は、 1000GB – 650GB = 450GB になります。

デプロイ先のデータストアを選択した上で、シン ディスク モードの有効化 (チェック) > 次へ をクリックします。

この例では、Thin Provisioning でデプロイするため、シン ディスク モードの有効化 にチェックを入れていますが、環境に合わせて選択してください。

Stage 1 : デプロイ先データストアの選択

シン ディスク モードの有効化

シン プロビジョニングされたディスクは、ディスクに指定されたすべての容量を事前に割り当てません。

物理ストレージによってバッキングされたブロックへの書き込み時にブロックのみを割り当てることで容量を節約します。

Thick Provisiong の種類について

さらに、Thick Provisiong には、Zero 埋めするタイミングによって Lazy ZeroedEager Zeroed 2種類に分かれます。

  • Lazy Zeroed : 実際のデータ書き込み時に Zero 埋めする
  • Eager Zeroed : 一番最初のディスク容量確保時に全て Zero 埋めする

性能的には、Thin < Lazy Zeroed < Eager Zeroed 順に高い。 Thin よりは、Thick がパフォーマンスが良いです。

ちなみに、ディスク使用効率面においては、その逆で、Thin > Lazy Zeroed > Eager Zeroed 順に効率が良い。 Thin の場合には、使った分だけディスクが消費されるので、Thick よりは、Thin の方が効率が良いです。

シン ディスク モードの有効化 のチェックを外すと vCSA が持つ全てのディスクは Lazy Zeroed になります。

Step 10. ネットワークの構成

ネットワークの構成 が表示されます。

以下の ネットワーク情報を入力 > 次へ をクリックします。

項目 説明 設定例
ネットワーク vCSA が使用するポートグループ (標準 vSW) 10.10.4.0/24
IP バージョン IPv4 or IPv6 IPv4
IP 割り当て 固定 or DHCP 固定
システム名 vCSA の FQDN vcsa-6-5.hogehoge.com
IP アドレス vCSA へ接続するためのマネジメント IP 10.10.4.2
サブネット マスクまたはプリフィックス長 ネットワークのサブネット 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ ネットワークのゲートウェイ IP 10.10.4.1
DNS サーバ
FQDN 名前解決用の DNS サーバの IP
(複数の場合には「,」区切りで入力
10.10.8.5
Stage 1 : ネットワーク設定

ネットワークリストについて

ちなみに、ネットワーク を指定するセレクトボックスのリストには、標準スイッチのポートグループしか表示されません。

前のバージョンである vCSA 6.0 インストール時には、確かに Network に分散スイッチ (dvSwitch) のポートグループを指定することが出来ず、一時的に標準スイッチのポートグループを使ってインストールした後に、分散スイッチのポートグループに切り替えることで問題を回避した経験があります。

なので、分散スイッチを使いたい場合には、とりあえず、ここでは標準スイッチのポートグループを選んで、インストールが全て終わってからポートグループを切替えてください。

名前解決できるようにしておくこと

既知の問題として、vCSA インストール時に FQDN を使わないと vCenter HA 構成に失敗する と報告されているので、vCSA の FQDN は名前解決出来るようにしてください。

また、この例では説明のために、vCSA の FQDN が vcsa-6-5.hogehoge.com になっていますが、FQDN に 6-5 のようにバージョンは付けないでください。

vCSA をアップグレードしたりすると旧システムの FQDN がそのまま使われるため、FQDN にバージョンは付けない方が良いです。

Step 11. ステージ 1 の設定内容の確認

ステージ 1 の設定内容の確認 が表示されます。

デプロイする準備ができたので、今までの 設定に問題がないか確認 した上で、問題なければ 終了 をクリックします。

Stage 1 : デプロイ前の最終確認 その1

最終確認 (1/2)

Stage 1 : デプロイ前の最終確認 その2

最終確認 (2/2)

Step 12. デプロイ完了待ち

vCSA 6.5 のデプロイが開始されるので、完了するまで待ちます。

Stage 1 : デプロイ完了待ち その1

デプロイ中 (1/2)

Stage 1 : デプロイ完了待ち その1

デプロイ中 (2/2)

デプロイが完了しました。

Stage 1 : デプロイ完了

これで vCSA 6.5 インストール – ステージ 1 : アプライアンスのデプロイ が完了しました。

vCSA 6.5 インストール - ステージ 2 : vCenter Server Appliance の設定

続いて、ステージ 2 : vCenter Server Appliance の設定 では、主に以下の作業を実施します。

  • 概要 : ステージ 2 の開始
  • アプライアンス設定
  • SSO 設定
  • CEIP の設定
  • ステージ 2 : 設定内容の確認
  • ステージ 2 : アプライアンスのセットアップ開始

ステージ 1 : アプライアンスのデプロイ に続いて、初期セットアップまで終わらせたいので、続行 をクリックします。

Stage 1 から Stage 2 へ

Step 1. 概要

概要 が表示されます。

ここでは、ステージ 2 に進み、vCenter Server Appliance を設定します。

次へ をクリックし、アプライアンスのセットアップ・プロセスを開始します。

Stage 2 : セットアッププロセスについて

Step 2. アプライアンス設定

アプライアンス設定 が表示されます。

ここでは、主に 時刻同期設定SSH 接続設定 を実施します。

以下の情報を入力し、次へ をクリックします。

項目 説明 設定例
時刻同期モード
時刻を ESXi ホストと同期します
or
時刻を NTP サーバと同期します
時刻を ESXi ホストと同期します
NTP サーバ
(コンマ区切りのリスト)
NTP サーバの IP 10.10.8.23
SSH アクセス 有効 or 無効 有効
Stage 2 : NTP 時刻同期設定

時刻同期設定について

ESXi ホストとアプライアンスの時刻を同期をするようにした場合、アプライアンスの時刻が未来時間になっていると時刻が同期されない問題があるので、ホストとの時刻同期は、オススメしません。 NTP サーバがあれば、vCSA の時刻同期は NTP サーバを使うことをオススメします。

詳しくは、以下をご確認ください。

ESX ホストとの時刻同期は止めた方が良い

SSH 接続について

SSH 接続が 有効 になってないと vCenter HA を構成できないので、vCenter HA 機能を使う予定であれば、SSH 接続を有効にしてください。

また、vCSA のインストール完了後、SSH 接続し、キーボードのレイアウトを日本語に変更する予定なので、この例ではメインテナンスのためにも SSH 接続を有効にしています。

Step 3. SSO 設定

SSO 設定 が表示されます。

以下のように Single Sign-On 初期セットアップ情報を入力し、次へ をクリックします。

項目 設定例 備考
SSO ドメイン名 vsphere.local ログイン ID は、ID@vsphere.local になる
SSO ユーザー名 administrator administrator 固定
SSO パスワード MyCompany123- SSO の PW
パスワードの確認 MyCompany123- SSO の PW 確認用
サイト名 my-site 基本アルファベット
Stage 2 : SSO 初期設定

SSO ドメイン名の要件

ドメイン名は、RFC 1035 標準に準拠している必要があります。

  • ラベルへのそれぞれの文字は、英字数字または、ダッシュ(-) である必要があります
  • それぞれのラベルの先頭は文字で、末尾は英数字である必要があります
  • それぞれのラベルは、63 文字までで、名前全体は、テキスト表示で 253 文字以内にする必要があります
  • 少なくとも 1つのドット(.)を含める必要があります

SSO パスワードの要件

パスワードは、次の要件を満たしている必要があります。

  • 8文字以上
  • 20文字まで
  • 大文字を含む
  • 小文字を含む
  • 数字を含む
  • 特殊文字を含む (例: 「!」、「(」、「@」など)
  • 表示可能な下位 ASCII 文字のみ
  • スペースは使用しない

サイト名の要件

サイト名は、次の要件を満たしている必要があります。

  • 英数字、またはダッシュ記号(-)を含める必要があります
  • 拡張 ASCII 文字または非 ASCII 文字は使用できません
  • 63文字以内にします

SSO ログイン ID と PW について

ちなみに、SSO ユーザのパスワードについてですが、ここで設定したパスワードは administrator ユーザで vSphere Web Client などを使って vCenter へログインする際に使われます。

上記のように設定した場合、ログイン ID は、administrator@vsphere.local になります。

Step 4. CEIP の設定

CEIP の設定 が表示されます。

ここでは、VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加する のチェックを外してますが、チェックは入れても良いし、外しても構いません。 次へ をクリックします。

Stage 2 : カスタマーエクスペリエンス向上プログラム

Step 5. 設定の確認

設定の確認 が表示されます。

今までの設定項目が表示されるので、確認して問題なければ 終了 をクリックします。

Stage 2 : セットアップ開始前の最終確認 その1

最終確認 (1/2)

Stage 2 : セットアップ開始前の最終確認 その2

最終確認 (2/2)

セットアッププロセスが開始されると一時停止や停止することは出来ません というダイアログがポップアップされます。

OK をクリックします。

Stage 2 : セットアップ開始前の最終確認ダイアログ

Step 6. セットアップ完了待ち

セットアッププロセスが開始されるので、完了するまで待ちます。

Stage 2 : セットアップ中 その1

セットアップ実行中 (1/3)

Stage 2 : セットアップ中 その2

セットアップ実行中 (2/3)

Stage 2 : セットアップ中 その3

セットアップ実行中 (3/3)

初期セットアップが完了すると以下のように 完了 画面が表示されます。

閉じる をクリックします。

Stage 2 : セットアップ完了

vCSA 6.5 初期セットアップ完了

すると自動的にウェブページ https://vCSA-FQDN/?workflow=installer へ移動されます。

始めに (vCSA 6.5 インストール完了後に表示されるウェブページ)

少し長くなりましたが、これで ステージ 1 : アプライアンスのデプロイステージ 2 : vCenter Server Appliance の設定 まで全てのインストール、及びアプライアンスの初期セットアップが完了しました。

vSphere 6.5 の関連ドキュメントについては、以下をご確認ください。

また、次回の連載記事では vSphere 6.5 に新しく追加された vSphere Client (HTML5) についても軽く紹介していますので、興味ある方はどうぞ、ご一読下さい。

終わりに

vCSA 6.5 の新機能、特異事項を簡単にまとめると以下になります。

  • vCenter HA のサポート
  • vSphere Update Manager 内臓
  • OS は、VMware Photon
  • DB は、vPostgres
  • vCenter HA 機能が使えるのは、vCSA のみ (vCenter Server for Windows では使用不可)
  • vCenter HA を構成するために、インストール時に FQDN を使うこと
  • vCenter HA を構成するために、SSH 接続を有効にすること
  • Windows 版 vSphere Client のサポート終了 (vCSA 6.5 からは もう使えない)
  • vSphere Web Client がより使いやすくなった

後、いつものように、ブラウザの相性もあるので、各ブラウザを使って一通り操作感を試して見ることをオススメします。 (私は最新版の IE を使っています)

以上、vCenter Server Appliance 6.5 インストール でした。