リストアシナリオ

今回は、以下を前提に作業を実施します。

  • 運用中の仮想マシン「test-01」が故障で電源 OFF 状態
  • 幸いなことに「test-01」は、VDP バックアップ対象
  • VDP のリストアポイントを使って「test-01_restore」という名前でリストア
  • リストア完了後、自動的に電源 ON する
  • 電源 ON 時に仮想マシンの NIC 接続も有効にする

後ほど詳しく説明しますが、VDP のリストア方式には大きく 上書きリストア (リプレース)別名でリストア 2種類があります。

上書きリストアの場合、もとの仮想マシンがリプレースされてしまうので、商用環境で使うケースはあまりないかなーと思っています。

なので、今回は実際によく使われそうな 別名でリストア する方法についてご紹介します。

Final Product やりたいこと

VDP 別名でリストア

仮想マシン「test-01」は、トラブルによって壊れている状態。 VDP のリストア機能を使って「test-01_restore」という名前で仮想マシンを復旧します。

リストアによる仮想マシン復旧

Step 1. バックアップの選択

VDP 管理画面にて リストアメニューをクリックするとバックアップ済みの仮想マシンリストが表示されます。 リストが表示されたらリストアしたい仮想マシンの名前をクリックします。

VDP リストア : リストから仮想マシン選択

Test DC - Test Cluster - Test-01 仮想マシン

そうすると以下のように リストアポイント が表示されます。

この例では、テストのために手動によるバックアップを実施したので、リストアポイントは以下のように 1つしかありませんが、実際に表示されるリストアポイントの数は、バックアップスケジュールによって異なります。

例えば、保存ポリシーが 毎日 : 2、毎週 : 1、毎月 : 0、毎年 : 0 の場合には、リストアポイントが 3つ作成されるようになります。

リストアしたいリストアポイントにチェックを入れ、リストアをクリックします。

VDP リストア : リストアポイント選択

仮想マシン「test-01」のリストアポイント

バックアップの選択 画面が表示されます。

先ほどチェックを入れたリストアポイントであることを確認し、問題なければ次へをクリックします。

VDP 選択したリストアポイントの確認

Step 2. リストアオプションの設定

リストアオプションの設定 画面が表示されたら以下の情報を入力し、次へをクリックします。

元の場所にリストアします にチェックを入れた場合 ―

種類項目名内容
オプション電源オンリストア完了後にパワーオンするか

元の場所にリストアします のチェックを外した場合 ―

種類項目名内容
必須新しい名前リストアされる仮想マシンの名前
送信先リストア先のクラスタ (例: Test DC の Test Cluster)
データストアリストア先のデータストア
オプション電源オンリストア完了後にパワーオンするか
NICを再接続パワーオン時に NIC を接続するか
VDP リストアオプションの設定

別名でリストアの例

リストアの種類について

VDP のリストア方式には以下の 2種類があります。

・ 上書きリストア

・ 別名でリストア

上書きリストア でリストアすると、元の仮想マシンが上書き・リプレースされてしまうので、商用環境 (商用仮想マシン) で使うことは、まずないと思います。 また、上書きリストア では、電源オン オプションしか選択できないようになっています。

別名でリストア でリストアすると、元の仮想マシンはそのまま残しつつ、別の名前でリストアします。 また、別名でリストア では、リストアされる仮想マシンの名前、リストア先のデータストア、電源 ON・OFF、NIC 接続 ON・OFF、を自由に選択できます。

この例では、別名でリストア を実施します。

Step 3. 設定の確認

設定の確認 画面が表示されます。

確認して特に問題なければ、終了をクリックします。

VDP リストア設定の確認

リストアが正常に開始されました。 という 情報 ダイアログが表示されたら OKをクリックします。

VDP リストア開始ダイアログ

Step 4. リストア完了待ち

そうするとリストアタスクが実行されるので、リストアが完了するまでお待ちください。

VDP 別名でリストア

リストア オプションとして「電源オン」と「NICを再接続」にチェックを入れたため、リストア完了後、自動的にパワーオンされ、Ping も回復した。

終わりに

上記のタスクを見るとリストアが完了するまでそんなに時間かかってないように見えますが、これはあくまでテスト用の仮想マインであって、普通に使っている仮想マシンであればもっと時間かかります。

私の検証では、Thin Provisioning 40GB の仮想マシンのリストアが完了するまで、約 30分くらいかかりました。

また、Thin 200GB (実消費領域 10GB) の仮想マシンをリストアする場合に、実際の消費領域が少ないからリストアも速く終わるのでは? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、よっぽど小さい容量じゃなければ普通に 30分以上かかるので、リストアする際には実消費量はあまり意識しないほうが良いです。 (バックアップ専門家の方に説明聞いたんですが、昔過ぎて詳細を忘れてしまいました。。)

とりあえず、運用中の仮想マシンを一台リストアしてみて、どれくらいかかるか所要時間を計測しておいたほうがいいかもしれません。

VDP は使い慣れていて、最近はバックアップ関連トラブルに巻き込まれることもあんまりないのですが、重複排除バックアップに加え、別名リストア・上書きリストア (リプレースリストア) も出来て、VDP 6.0 からはバックアップストレージとして使える容量も大幅に増えて、無料でここまで出来るなんて VDP 素晴らしいなーと改めて感じています。

いざとなった時にきっと救いになると思うので、VDP を是非活用してみてください。

以上、vSphere Data Protection リストアによる仮想マシン復旧 でした