管理者プロフィール

大した経歴ではないですが、こんなことをやってきました。。ということと履歴書を書く度に今まで何をやってきたのかなかなか思い出せないので、経歴をそのまま記載しています。

今現在は、クラウド環境構築・フラットフォーム開発に携わっております。

社会人生活最初の 2年間は、プログラマとして働き、プログラマを辞めてからは、物理サーバ(Sun Sparc)を構築したり、Linux サーバを構築・運用したりしていたのですが、最近は、ESXi ホストと VMware を使った社内プライベート環境の設計・構築・運用・保守全般をやっている感じです。

主に以下の作業を担当しております。

  • VMware を使った社内プライベート網内のクラウド環境設計・構築、及び運用・保守を担当
  • ESXi ホストキッティング、及びパーツ組み立て
  • 東京都内データセンター内での L1 作業 : ESXi、ストレージ、L2SW ラックマウント、及び配線
  • ESXi ホスト、及びストレージパッチ適用
  • ESXi ホスト、及びストレージ増設
  • 仮想マシンオーダー
  • ネットワークオーダー
  • OpenStack 環境構築
  • トラブル対応
  • その他、各種検証

仮想クラスタ環境を構築し、運用しながらトラブル対応、ストレージ・ESXi ホストの負荷状況確認して仮想マシン vMotion させたり、筐体にパッチ当てたり、仮想スイッチ作ったり、仮想マシン払い出したり、ストレージ・メモリ・ネットワークなど増設したり交換したり。 かなり良い経験と良い勉強させてもらっています。

VMware は、一通り経験したので、最近は、OpenStack 関連で検証環境を構築しながら色々検証したりしています。

経歴の詳細は、以下のテーブルからどうぞ。

履歴詳細

期間内容使用言語 /
ツール
その他
2007年 3月 30日 来日
2007年 4月 情報・システム開発系会社 K社入社
プログラマとして入社し、組込システム開発、及びソフトウェア保守を担当
2007/04

2007/07
K社向け、携帯音楽配信業務。
音楽配信着うたサービス開発におけるテスト、保守を担当。
Windows 2000
Visual Studio 6.0
C++
卵時代に無理やり現場に入れられてる感じです。
2007/08

2007/10
K社向け、ライブラリ移植業務。
Windows から Linux への暗号化ライブラリ移植を担当。
RHEL4
Unix C
Bash
VI Editor
Make
2007/11

2008/03
電力会社向け、
トラブル対応サポート。
トラブルの原因分析、及び改修を担当。
Sun Sparc
Solaris 10
Oracle
Unix C
Bash
C Shell
VI Editor
Make
2008/04

2008/09
放送局向け、
デジタル放送送出システム開発。
デジタル放送用の番組連動機能の開発、および試験を担当。
Sun Sparc
Solaris 10
Oracle
Unix C
Bash
VI Editor
Make
担当者が凄く気さくで優しい方で仕事終わってお酒おごってもらったり、カラオケで行って歌ったり、楽しい一時でした。
2008/10

2009/09
電気所サーバ向け、
Linux サーバ開発。
電気所用のサーバ構築、OS カスタマイズ、試験を担当。
サーバテストプログラムの設計、実装、及び各種支援ツールの設計、実装を担当。
RHEL4
Perl・CGI
HTML
Bash
VI Editor
OS をカスタマイズして、Flash Memory カードに焼いて、基盤に取り付けて起動させるやり方は、特別な経験でしたね。
2009年 9月を持って、一身上の都合により退職
システム開発業界の残業の多さに疲れたこととプログラマは向いてないと判断し、
これからは、インフラエンジニアとして生きて行くことを決心し、退職
2009/10

2010/02
個人プロジェクト
iPhone アプリケーション開発。
設計・実装・テスト、デザインなど、開発全般。
アプリ名 : iPostCard4U
MAC
OS X
Photoshop CS6
X-Code
C
Objective-C
※後で別途記述します。
2010年 3月 情報・システム開発系会社 N社入社
SE として入社し、サーバ設計・構築を担当
2010/03

2010/06
J社向け、週配信通信サーバ構築。
週配信サーバの構築、試験、および各種構築手順、運用マニュアルの作成を担当。
各種アプリケーションの移行作業、およびシステムバックアップ / リカバリーの仕組み設計・構築など。
Sun Sparc
Solaris 10
Symforware
InterAPLINK
Linkexpress
GDS
PMAN
Operation Manager
Bash
Csh
VI Editor
とこかの貸し倉庫の中で毎日黙々と作業。 忙し過ぎてよく徹夜もしたし、完全に缶詰め状態でした。
2010/09

2011/03
医療サービス向け、
セキュリティセンターサーバ構築。
クラウド環境内での各種仮想マシン(内部向け DNS サーバ / ログサーバ / NFS サーバ)の構築、及び試験を担当。
各種スクリプト(レポートチェック、ログ収集管理、プロセス監視、各種試験用のスクリプト等)を作成するなど、既存設備の保守を担当。
HP Proriant
vSphere ESX 4.x
CentOS 5.5
Heartbeat
swatch
bind-9.x
Bash
VI Editor
2011/04

2011/05
謎の空白期間。
2011/06

2011/09
プラットフォーム事業者向け、
仮想ネットワークフィールドテスト。
VPN サービスにおける試験環境の構築、プラットフォーム提供者・利用者を想定した試験項目表作成、及び試験(運用・保守・バージョンアップ・SO・システム増減設・負荷試験・故障対応試験等)を担当。
プラットフォーム設計書の作成を担当。
HP Proliant
vSphere ESX 4.x
CentOS 5.5
MySQL
Heartbeat
Bash
VI Editor
2011/10

2011/10
H社向け、
自動車リサイクルセンタ
サーバ移行。
旧設備から新設備へのシステム移行に伴う Linux 詳細設計、OS / ミドルウェア構築手順作成を担当。
RHEL5
2011/11

2012/06
プラットフォーム事業者向け、
仮想ネットワークフィールドトライアル。
プラットフォーム事業者を想定した VPN サービスのトライアル環境構築、運用、保守を担当。
定期レポート取得、SO、システムメンテナンス、障害対応を担当。
HP Proliant
vSphere ESX 4.x
CentOS 5.5
MySQL
Heartbeat
Bash
VI Editor
2012年 3月を持って、一身上の都合により退職
仕事の内容は、良かったのですが、もう少しちゃんとした会社で働きたいという思いで退職

情報・システム開発系会社 U社へ転職
2012/07

現在
通信事業者向け、
サーバフラットフォーム開発。
VMware を使った社内プライベートクラウド環境設計、構築、運用、保守を担当。
サーバ更改 / 巻き取り(物理サーバ仮想化)。 ESXi ホスト組み立て・ストレージ クラスタ環境構築、及びバージョンアップ・パッチ適用。 各種パーツ部品交換、増設。 データセンタラックマウント、配線、ESXi ホスト・ストレージ設定、仮想スイッチ作成、各種管理ソフトウェアを導入するなど。
HP Proriant
HP LeftHand
QNAP
Cisco Catalyst (L2)
vSphere 4.x
vSphere 5.x
vSphere 6.x
Virtual SAN
vCenter Server
Update Manager
Data Recovery
Data Protection
VMPlayer
VMConverter
vSphere SDK
(for Perl)
OpenStack
(Juno + Neutron)
実際にクラウド環境構築を始めたのは、この時期からです。


開発した iPhone アプリについて(現在、開発中止)

2009年 9月末に もう仕事でプログラミングはやらないと。 日本で初めて入社した会社を退職し、何か面白いことないかな。。と思っていたときに、少し時間もあるし、iPhone アプリでも作ってみよっかなと。

当時 iPhone 3GS が発売されてから間もない頃だったので、投資だと思って、MAC と iPhone を購入し、Apple 開発者プログラムに登録。

当時アプリ開発者と情報量も少なくて調べたいことがあってググってもなかなか出てこなくて、少し苦労した部分もありますが、自分なりに頑張って作ったのが iPostCard4U という葉書アプリです。

コンセプトとしては、

  • カードデザインを選ぶ
  • アプリに内臓されている写真を選ぶか iPhone カメラで撮った写真を選ぶ
  • 切手を選ぶ
  • メッセージを書く
  • 完成したカードを画像化し、メール送信して完了

すると、以下のようなものが出来上がります。

シンプルな構成で、年賀状代り・ポストカードの代わりに使えるアプリです。

せっかくなので、少し画像をアップしておきます。

0. メイン画面

1. カードデザイン選択

2. 写真選択

3. 切手選択

4. メッセージを書く

5. カード送信

開発を中止している理由

一番の理由は、仕事とアプリ開発を両立することに限界を感じたからです。

評判は悪くなかったと思いますが、宣伝の難しさと思いのほか売れていなかったのも理由の一つです。

現実は厳しかったですね。

新しい機種が発売されたり OS アップデートがある度に対応しないと行けなかったり、バグ修正、機能追加、写真撮影・内臓写真追加、切手作りなどのグラフィック作業まで。 全ての作業を一人でやってるので、時間的にあまり余裕がありませんでした。

対応せず、そのまま放置すると品質はどんどん落ちてくるし、まともに動かないアプリを Applle Store に出していることになるので、開発を中止することにしました。

でも、完全に中止しているわけではないので、一応アプリを開発して継続するための Apple Developer Program (有料) は、年に 1回更新しています。

再開日は、未定ですけど。。。

最後に

どんな動きするのか気になる方は、YouTube 画像があるので、どうぞ。

以上です。

宜しくお願い致します。