VDP 管理ウェブへ接続できない

VDP を運用していると中で動いているバックアップ関連サービスとかスケジュールサービスが突然落ちる (停止状態になってしまう) 場合があります。

その際には、以下のように VDP 管理ウェブページ (構成ユーティリティ) へ接続し、停止 状態のサービスを 開始 することによって問題を改善することが出来ます。

しかし、そもそも VDP 管理ウェブページである https://<VDP の IP>:8543/vdp-configure へ接続するもつながらず、どうすることも出来ない時もあります。

vdp 関連サービスダウン

何らかの原因により、VDP 関連サービスが落ちている状態。 VDP 管理ウェブへの接続を試みるもつながらず、どうすることも出来ない状況。

その際には、一つの案として、VDP のコンソール開く、または VDP へ SSH 接続し、VDP のウェブサービスを再起動することをオススメします。

VDP ウェブサービス再起動

Step 1. VDP OS の中へログイン

以下の記事を参考にし、コンソールを開いてもいいですし、SSH クライアントを使ってログインしても良いです。 まずは、VDP の OS の中へログインしてください。

Step 2. Enterprise Manager Web Application 再起動

普通に VDP ウェブサービスって言いましたが、正式には Enterprise Manager Web Application (以下、管理ウェブアプリケーション) と言うみたいですね。

VDP 管理ウェブアプリケーションの起動・停止・再起動は、emwebapp.sh コマンドで制御できます。

  • 停 止 : emwebapp.sh --stop
  • 起 動 : emwebapp.sh --start
  • 再起動 : emwebapp.sh --restart

通常は、以下のように再起動するだけで良いです。

VDP 管理ウェブアプリケーションを再起動すると java プロセスが再起動されるので、合わせて確認してください。

VDP 管理ウェブアプリケーション再起動Raw Code(S)Raw Code(T)
# emwebapp.sh --restart
INFO: Stopping Enterprise Manager web application.
INFO: Stopped Enterprise Manager web application.
Administrator Server is not running.
Database server is running...

No script specified

Stopping the database server.
Database server stopped.
INFO: Copying CST libs to tomcat
Administrator Server is not running.
Starting the database server.
Waiting for postmaster to start ..Started
No script specified

Database server is still running...
Starting tomcat
/usr/local/avamar-tomcat/bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/avamar-tomcat
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/avamar-tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/avamar-tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/latest
Using CLASSPATH:       /usr/local/avamar-tomcat/bin/bootstrap.jar:/usr/local/avamar-tomcat/bin/tomcat-juli.jar
Using CATALINA_PID:    /usr/local/avamar-tomcat/avamar-tomcat.pid
Tomcat started.

# ps -ef | grep "avamar-tomcat" | grep -v "grep"
root     30540     1 99 13:20 pts/0    00:00:28 /usr/java/latest/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/avamar-tomcat/conf/logging.properties -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Xmx2G -server -Djava.awt.headless=true -XX:+DisableExplicitGC -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom -Djava.util.prefs.PreferencesFactory=com.avamar.mc.util.MCCLIPreferencesFactory -Djava.util.prefs.systemRoot=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs -Djava.util.logging.config.file=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs/mccli_logging.properties -Dsecurity.provider.rsa.JsafeJCE.position=last -Dorg.apache.tomcat.util.buf.UDecoder.ALLOW_ENCODED_SLASH=true -Djavax.net.ssl.trustStore=/root/.keystore -Djava.library.path=/usr/local/rsa_cst/cst/builds/linux_gcc34_x64_r/lib:/usr/java/packages/lib/amd64:/usr/lib64:/lib64:/lib:/usr/lib -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/avamar-tomcat/endorsed -classpath /usr/local/avamar-tomcat/bin/bootstrap.jar:/usr/local/avamar-tomcat/bin/tomcat-juli.jar -Dcatalina.base=/usr/local/avamar-tomcat -Dcatalina.home=/usr/local/avamar-tomcat -Djava.io.tmpdir=/usr/local/avamar-tomcat/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start

Step 3. VDP 管理ウェブ (構成ユーティリティ) へ接続

後は、管理ウェブへ接続し、ログインできることを確認します。

https://<VDP の IP>:8543/vdp-configure

VDP 管理ウェブ ログイン画面
VDP 管理ウェブ サービス状態確認

参考 : VDP 管理ウェブアプリケーションが完全に落ちてる場合

ちなみに、VDP 管理ウェブアプリケーションが完全に落ちている場合には、# emwebapp.sh --restart コマンドを実行しても再起動してくれないので、普通に # emwebapp.sh --start で開始してください。

vdp 管理ウェブアプリケーション再起動

「--restart」が効かない場合には、「# emwebapp.sh --start」

VDP ウェブサービス開始 (--start)Raw Code(S)Raw Code(T)
# ps -ef | grep "avamar-tomcat" | grep -v "grep"
※何も表示されない

# emwebapp.sh --restart
INFO: Enterprise Manager web application is not running.

# emwebapp.sh --start

# ps -ef | grep "avamar-tomcat" | grep -v "grep"
root     17256     1 99 13:43 pts/0    00:00:00 /usr/java/latest/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/avamar-tomcat/conf/logging.properties -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Xmx2G -server -Djava.awt.headless=true -XX:+DisableExplicitGC -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom -Djava.util.prefs.PreferencesFactory=com.avamar.mc.util.MCCLIPreferencesFactory -Djava.util.prefs.systemRoot=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs -Djava.util.logging.config.file=/root/.avamardata/var/mc/cli_data/prefs/mccli_logging.properties -Dsecurity.provider.rsa.JsafeJCE.position=last -Dorg.apache.tomcat.util.buf.UDecoder.ALLOW_ENCODED_SLASH=true -Djavax.net.ssl.trustStore=/root/.keystore -Djava.library.path=/usr/local/rsa_cst/cst/builds/linux_gcc34_x64_r/lib:/usr/java/packages/lib/amd64:/usr/lib64:/lib64:/lib:/usr/lib -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/avamar-tomcat/endorsed -classpath /usr/local/avamar-tomcat/bin/bootstrap.jar:/usr/local/avamar-tomcat/bin/tomcat-juli.jar -Dcatalina.base=/usr/local/avamar-tomcat -Dcatalina.home=/usr/local/avamar-tomcat -Djava.io.tmpdir=/usr/local/avamar-tomcat/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start

終わりに

最後に、VDP 内で httpd ウェブサービスも動いていますが、emwebapp.sh で再起動しても、この httpd プロセスが再起動されることはありません。

VDP 内で httpd も動いているRaw Code(S)Raw Code(T)
# ps -ef | grep "httpd" | grep -v "grep"
root      4672     1  0 Jun03 ?        00:00:11 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4673  4672  0 Jun03 ?        00:00:06 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4674  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4675  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4676  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun    4677  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL
wwwrun   18357  4672  0 Jun03 ?        00:00:05 /usr/sbin/httpd2-prefork -f /etc/apache2/httpd.conf -DSSL

特に httpd プロセスは、動いていればこのままで良くて、個別に再起動しなくても良いですが、念のため一回再起動してみるのも良いかもしれません。

ご参考までに。

以上、vSphere Data Protection ウェブサービス再起動でした。