CentOS 7 のインストール

CentOS 7 がリリースされてからずいぶん時間が経ったので、そろそろ新しいバージョンを試さないとさすがにまずいと思ったので、CentOS 7 をインストールして見ました。

今回は、カスタムパーティション設定を含めて、CentOS 7 をインストールした上で、X Windows システム (GUI デスクトップ環境) へログインするまでの流れについてご紹介します。

  • 事前準備
  • キーボード・言語サポート・NTP 設定
  • ソフトウェアの選択
  • パーティション・ホスト名・ネットワーク初期設定
  • インストール開始、及びユーザ設定
  • X Window システムへログイン

事前準備

ここでは、主に以下の作業実施します。

  • CentOS 7 最新イメージファイルダウンロード
  • インストールプロセス実行
  • インストール言語選択

Step 1. ISO イメージダウンロード

この例では、ISO イメージを使って、CentOS 7 をインストールします。

以下のサイトへ接続し、CentOS 7 の ISO ファイルをダウンロードします。

CentOS イメージファイルをダウンロードする際の注意点としては、新しいバージョンがリリースされると前のバージョンのディレクトリの中身は、全て空っぽになってしまうところです。

なので、特にピンポイントで特定のバージョンをインストールする必要がないなら ISO ファイルは、なるべく最新バージョンをダウンロードするようにしてください。

新しいバージョンのディレクトリ > isos > x86_64(64ビットの場合)をクリックし、ISO ファイルをダウンロードします。

CentOS ISO ダウンロード

DVD と Minimal イメージファイルについて

CentOS インストール時に良く使われるのは、DVD と Minimal イメージファイルです。

・ DVD は 4GB

・ Minimal は 636MB

CentOS 6系では、Minimal・DVD イメージのようなメディアによって、2TB 以上の容量をサポートする UEFI のサポート状況が異なるため、UEFI を使うためには、DVD イメージを使う必要がありましたが、CentOS 7 からは Minimal、DVD 関係なく全てのメディアファイルが UEFI をサポートしているので、UEFI 使用有無に関係なく、Minimal ISO を使っても構いません。

また、UEFI を使うためには、OS だけではなく、OS と サーバ側 両方サポートしないと使えません。

特に、HPE Proliant DL 系のサーバを使っている方は、Gen8 までは UEFI をサポートしないため、UEFI を使うためには、Gen9 以上の機種を使う必要があります。

ご参考までに。

Step 2. インストールプロセス実行

イメージファイルをダウンロードした後は、専用のソフトを使って、DVD、もしくは CD-R 等のメディアにイメージファイルを書き込んでください。(焼いてください)

仮想環境であれば vCenter にて仮想マシンに ISO をマウントしてください。

メディアの用意ができたら、メディアをサーバの CD-ROM に挿入し、サーバを再起動すると以下のようにインストール画面が表示されます。

インストール画面が表示されない場合

サーバの BIOS 設定によっては、起動順番が HDD - CD-ROM 順になっている可能性があります。

CD-ROM から起動したい場合には、起動順番を CD-ROM - HDD 順に設定する必要があるので、BIOS 設定を確認して見てください。

Install CentOS 7 を選択し、Enter を押します。

Install CentOS 7

Press the <ENTER> key to begin the installation process. メッセージが表示されるので、Enter を押すとインストールプロセスが開始されます。

Press the ENTER key to begin the installation process

Step 3. インストール言語選択

CentOS 7 へようこそ 画面が表示されます。

インストールウィザードを開始する前に、インストール時に使用する言語を選択する必要があります。

日本語 Japanese > 日本語(日本) > 続行をクリックします。

インストール言語選択

地域設定

ここでは、CentOS 7 インストール時の 地域設定 について、主に、以下の設定を実施します。

  • 日付と時刻
  • キーボード
  • 言語サポート

Step 1. 日付と時刻

タイムゾーンシステムのローカル時刻、必要に応じて、NTP 設定 を実施します。

日付と時刻をクリックします。

日付と時刻

設定画面が表示されるので、今日の日付と時刻地域 : アジア都市 : 東京 を設定し、完了をクリックします。

タイムゾーン、及びシステム時刻設定

ここでは、NTP サーバを使った時刻同期は、やってないですが、環境に応じて、必要であれば、ネットワーク時刻をオンに変えて、歯車アイコンをクリックすると以下のように、NTP サーバ設定画面が表示されます。

設定する場合には、NTP サーバの IP アドレス、または、FQDN を入力し、+ ボタンをクリックするとリストに追加されます。

後は、参照するサーバにチェックを入れて、OKをクリックします。

NTP サーバを使った時刻同期設定

この例では、デフォルトで設定されている *.centos.pool.ntp.org にチェックを入れていますが、専用の NTP サーバを使う場合には、チェックを外してください

Step 2. キーボード

インストールの概要 画面に戻るので、キーボードをクリックします。

キーボード設定

OS で使用するキーボードのレイアウトを設定します。

日本語 になっていることを確認し、完了をクリックします。

他のレイアウトを追加するには

他のキーボードレイアウトを追加・削除したいときには、+- ボタンを使って追加・削除が可能です。

キーボードレイアウト設定

Step 3. 言語サポート

インストールの概要 画面に戻るので、言語サポートをクリックします。

言語サポート

システムにインストールしたい言語を設定します。

追加でインストールしたい言語がなければ、日本語 Japanese > 日本語(日本)のまま、完了をクリックします。

システムにインストールする言語設定

ソフトウェア

CentOS 7 インストール時のソフトウェアについて、主に、以下の作業を実施します。

  • インストールソース
  • ソフトウェアの選択

Step 1. インストールソース

インストールソースをクリックします。

インストールソース

メディアを使ってインストールする際には、特にやることはありませんが、一応、どんな項目があるかくらいは確認します。

追加のリポジトリ を使って特定のリポジトリを追加できます。

また、ネットワークインストール時に、プロキシサーバを使って OS インストール、及び各種パッケージをインストールすることも可能です。

この例では、普通にメディアを使ってインストールを実施しているので、このまま、完了をクリックします。

インストールソースの詳細設定

Step 2. ソフトウェアの選択

ソフトウェアの選択をクリックします。

ソフトウェアの選択

システムにインストールする各種パッケージを選択します。

この例では、 KDE と必要な最低限のパッケージだけ導入します。

KDE は、まったく使わないのであれば、入れなくても構いません。

ベース環境選択した環境のアドオン備考
KDE Plasma WorkspacesKDE アプリケーション導入後、不要なら無効にする
レガシーな X ウィンドウシステム互換性互換性のため導入
互換性ライブラリ互換性のため導入
開発ツール
セキュリティツール

ベース環境 を選択すると右側に詳細項目が表示されますが、その項目が細かすぎずに、CentOS 6 に比べて、初心者でも選びやすい構成になっていました。

ちなみに、互換性ライブラリ開発ツールセキュリティツール は、Minimal ベース環境 に含まれているアドオンです。

ベース環境選択した環境のアドオン は、環境に合わせて選択してください。

ちなみに、DVD イメージ だと以下のように色々選択項目が表示されますが、Minimal イメージ だと このように (画像拡大) 最小限のインストール しか選べないようになっています。

ベース環境と選択した環境のアドオン その1

選択が全て終わったら、完了をクリックします。

X Window システムを入れるか入れないかについて

KDEGNOME のような X Window システムを導入すべきか悩んでる方もいるかもしれませんが、必要なければ、入れない方が容量節約にもなるので入れなくても良いですが、もし、急に使いたくなった場合に後から導入することは相当面倒なので、とりあえず導入して無効にしておくことも有りかなと思います。

X Window を導入するかしないかについては、各自判断してください。

参考 : Wikipedia : X Window System

ベース環境と選択した環境のアドオン その2

システム

CentOS 7 インストール時のシステム設定について、主に、以下の作業を実施します。

  • インストール先
  • KDUMP
  • ネットワークとホスト名

Step 1. インストール先(パーティション設定)

インストール先 では、パーティション設定を行います。

インストール先をクリックします。

インストール先

パーティション関連設定は、以下の二種類が用意されています。

  • 自動構成のパーティション構成
  • パーティション構成を行いたい

この例では、自動構成のパーティション構成 を使ってインストールする予定ですが、パーティション構成を行いたい を選んでも、中に自動構成できるように選択メニューが出てくるので、パーティション構成を行いたいを選択し、完了をクリックします。

パーティション構成を行いたい

手動パーティション設定 画面が表示されます。

ここをクリックして自動的に作成しますをクリックします。

パーティションを手動で設定するためには

パーティションを手動で設定したい場合には、+- ボタンを使って、パーティションを追加・削除可能です。

ちなみに、手動で追加したパーティション設定スキームは、以下の 4種類から選べます。

・ 標準パーティション

・ LVM

・ Btrfs

・ LVM_シンプロビジョニング

ここをクリックして自動的に作成します

1 CPU・1GB MEM40GB のディスク を使って、自動構成パーティション した時のパーティション構成は、以下のように、ごく普通のシンプルな構成になっています。

マウントポイントファイルシステム容量備考
/bootxfs500 MBブート領域
/xfs37 GBルート領域
swapswap2 GBスワップ領域

手動でパーティションを構成したい場合には、以下のように、各パーティションごとに設定が必要です。

CentOS 7 のデフォルトファイルシステム

CentOS 6 のデフォルトファイルシステム ext4 に対して、CentOS 7 のデフォルトファイルシステムは、xfs になっているので、環境に合わせて適宜変更してください。

ファイルシステムの種類・特徴に関しては、以下を参考にしてください。

Wikipedia : ファイルシステム

各パーティションの設定、及び確認が終わったら、完了をクリックします。

各パーティションの設定

変更の履歴 ダイアログがポップアップされます。

別にいらない気がしますが、今までのパーティション作業履歴が表示されるので、軽く確認してから 変更を適用するをクリックします。

変更の履歴

Step 2. KDUMP

KDUMPをクリックします。

KDUMP

この例では、Kdump を無効にします。 いつでも有効にできるので、環境に合わせて設定してください。

kdump を有効にするチェックを外し完了をクリックします。

KDUMP 無効化

Step 3. ネットワークとホスト名

この例では、IPv4 を手動設定し、IPv6 は、無効化するように設定します。

ネットワークとホスト名をクリックします。

ネットワークとホスト名

イーサネット > オン > 設定をクリックします。

イーサネット設定

イーサネットの編集 画面が表示されるので、IPv4 のセッティングタブをクリックし、以下の IP アドレス設定を実施します。

項目設定値備考
接続名ens160/etc/sysconfig/network-scripts 内の ifcfg-ens160 として生成される
方式手動
アドレスアドレス192.168.1.2ethX の IP アドレス
ネットマスク255.255.255.024 を設定しても良い
ゲートウェイ192.168.1.1デフォルトゲートウェイ
DNS サーバ/etc/resolv.conf の nameserver
ドメインを検索/etc/resolv.conf の search
IPv4 のセッティング

接続名について

上記の例では、接続名ens160 になっていますが、環境によって認識される接続名が異なります。

この 接続名 は、インストールする段階で始めて確認できますが、この接続名によって、イーサネットのコンフィグファイル名が決まります

例えば、上記のように 接続名ens160 になっている場合、インストール完了後のネットワークコンフィグファイル名は、以下のようになります。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens160

また、この 接続名 に任意の名前を設定すれば、ifcfg-hogehoge みたいな感じになるのではないかと思い、名前を変更したところ、自分の環境ではうまく行かなかったので、この 接続名 は変更せずに、デフォルトのままにした方がいい気がします

次に、IPv6 を無効化します。

IPv6 のセッティングタブをクリックし、方式を無視するに設定し、保存をクリックします。

IPv6 無効化

最後に、ホスト名を設定し、先ほど設定したネットワーク情報を確認します。

イーサネットをオンにしてから完了をクリックしてください。(最初、オン にしたとしても、設定後、自動的に オフ に切り替わることがあります)

ホスト名を設定し、ネットワーク設定情報保存

インストール開始、及びユーザ設定

CentOS 7 インストール時に必要な 地域設定ソフトウェアシステム 関連設定が一通り終わると インストール開始 を実施する必要があります。

ここでは、主に、以下の作業を実施します。

  • インストールの開始
  • ユーザの設定(root パスワード、ユーザの作成)

Step 1. インストールの開始

インストールする準備ができた時点で、インストールの開始 ボタンがクリック出来るようになります。

インストールの開始をクリックし、インストールを開始します。

インストールの開始

Step 2. ユーザの設定(root パスワード、ユーザの作成)

インストール開始中 には、ユーザ設定 ができますが、インストールプログレスが全て終わってからやっても構いません。

ユーザの設定

以下の画像は、設定が終わった後の画像ですが、設定しなかったことにして、root パスワードをクリックします。

root パスワード

root パスワード確認 入力欄に root ユーザのパスワードを設定し、完了をクリックします。

パスワードが弱すぎる

設定したパスワードが弱すぎると 完了 ボタンを 2回クリックする必要があります。

root パスワード設定

ユーザの作成をクリックします。

ユーザの作成

ユーザの作成 画面が表示されます。

フルネームユーザ名パスワードパスワードの確認 を入力し、このアカウントを使用する場合にパスワードを必要とする にチェックを入れ、完了をクリックします。

sudo ユーザ指定

このユーザーを管理者にする にチェックを入れると、該当ユーザは、sudo コマンドが使えるようになります。

ユーザの作成 - ユーザ情報設定

全てのユーザ設定が完了したら、設定完了をクリックします。

ユーザの設定完了

インストールプロセスがまだ残っている場合には、完了するまで待ちます。

インストール完了待ち

インストールプロセスが完了したら、再起動をクリックします。

インストール完了後の再起動

これで、インストールは、全て完了しました。

初めてのログイン

CentOS 7 のインストールが全て完了してから、インストール時に作成したログインユーザを使って、X Window システム へログインします。

ここで設定する項目は、特にありませんが、インストールも終わったので、ザックリどんな感じなのか以下を確認してみます。

  • KDE へログイン
  • KDE のスタートボタンをクリックしてみる
  • KDE のデスクトップ上でマウスを右クリックしてみる
  • KDE の待ち受け画面を確認してみる

KDE へログイン

最初に、インストール時に作成したログインユーザを使ってログインします。

ユーザ名(この例では、centos) をクリックします。

KDE へログイン - ログインユーザ選択

パスワードを入力し、サインインをクリックします。

KDE へログイン - ユーザパスワード入力

KDE のスタートボタンをクリックしてみる

無事にログインできました。

ウィンドウズの窓 アイコンに該当する CentOS の窓 アイコンをクリックすると以下のように、タブで分かれていることが分かります。

KDE のスタートボタンをクリックしてみる

KDE のデスクトップ上でマウスを右クリックしてみる

KDE のデスクトップ上で、マウスを右クリックすると以下のように、Konsoleコマンドを実行ウィジェットを追加 等の作業ができるようになっています。

KDE のデスクトップ上でマウスを右クリックしてみる

KDE の待ち受け画面を確認してみる

待ち受け画面が見てみたかったので、少しスタンバってみました。

シンプルで、透明感のある待ち受け画面です。 吸い込まれそうですね。

KDE の待ち受け画面を確認してみる

終わりに

CentOS 7 をインストールして、色々設定してみたり触ってみた感想としては、ネットワーク設定方法が変わってたり、ifconfig・route・arp・netstat のような net-tools 関連コマンドが非推奨になったり、サービス管理方法が変わるなど。 だいぶ変更がありました。

やっぱり CentOS 6 に比べて変わった部分が結構あるので、CentOS 6 に慣れている方は、最初は少し抵抗感があるかもしれませんが、でも、そこらへんは使ってるうちに、いつものように慣れてくると思うので、そんなに心配はしなくても良いと思います。

以上、CentOS 7 のインストール方法 でした。