CentOS 7 で Timezone 設定

CentOS 7 で Timezone を設定するためには、timedatectl を使います。

この例では、以下の作業を実施します。

  • 設定前の Timezone 状態確認(UTC+0)
  • Timezone リスト確認
  • Timezone として Asia/Tokyo を設定
  • 設定後の Timezone 状態確認(JST+9)
timedatectl を使った Timezone 設定Raw Code(S)Raw Code(T)
# timedatectl status
      Local time: 水 2015-09-16 02:53:12 UTC
  Universal time: 水 2015-09-16 02:53:12 UTC
        RTC time: 水 2015-09-16 02:53:10
        Timezone: UTC (UTC, +0000)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

# timedatectl list-timezones
・・・
America/New_York
・・・
America/Santiago
・・・
Asia/Seoul
・・・
Asia/Tokyo
・・・

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

# timedatectl status
      Local time: 水 2015-09-16 11:53:27 JST
  Universal time: 水 2015-09-16 02:53:27 UTC
        RTC time: 水 2015-09-16 02:53:25
        Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

以上、CentOS 7 Timezone 設定 でした。